なんでもかんでもはむり

書きたいものだけ書く。音楽、映画、本がメイン。

今週の事々(2019_06_03〜06_09)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

Amy Winehouse『Back to Black』(2006)
Andy Shauf『The Party』(2016)
Arlo Parks『Super Sad Generation』(2019)
Beast Coast『Escape From New York』(2019)
BLACKPINK『Kill This Love - EP』(2019)
Bob Dylan『Bringing It All Back Home』(1965)
Booker LittleBooker Little』(1960)
The Byrds『Mr. Tambourine Man』(1965)
Carly Rae Jepsen『Dedicated』(2019)
Courtney Barnett『Sometimes I Sit and Think, and Sometimes I Just Sit』(2015)
Deep PurpleDeep Purple In Rock』(1970)
Destrage『The Chosen One』(2019)
Diplo『Higher Ground - EP』(2019)
DJ Khaled『Father of Asahd』(2019)
Earth, Wind & Fire『That's the Way of the World』(1975)
Eric Dolphy『At the Five Spot, Vol. 1』(1961)
Fats Domino『The Fats Domino Jukebox: 20 Greatest Hits』(2002)
Injury Reserve『Live From the Dentist Office』(2015)
Injury Reserve『Floss』(2016)
Injury Reserve『Injury Reserve』(2019)

www.youtube.com

「Your engine go "Vroom"/ and my engine go (silence)」というAminéのパンチラインがとにかく強烈。2020年代はやっぱテスラに乗ってないとクールじゃないのかも。「Make the auto-pilot do a donut」ってのもいいね。未来だ!

Jay Mitta『Tatizo Pesa』(2019)
Juto『Velvet』(2019)
Joy Division『Closer』(1980)
Laura Marling『Once I Was an Eagle』(2013)
Leon Fanourakis『CHIMAIRA』(2019)
Mac Demarco『Salad Days』(2014)
majiko『COLOR - EP』(2019)
Masego『Lady Lady』(2018)
Mom『Detox』(2019)
Nai Palm『Needle Paw』(2017)
The National『I Am Easy To Find』(2019)
Neil Young『Prairie Wind』(2005)
NORIKIYO『EXIT』(2007)
Nubiyan Twist『Jungle Run』(2019)
Old Paradice『The Last Resort - EP』(2019)
Olivia Chaney『Shelter』(2018)
Pavement『Terror Twilight』(1999)
Pixx『Small Mercies』(2019)
PnB Rock『Trapstar Trunt Popstar』(2019)
Randy Newman『Harps and Angels』(2008)
RICCHO『RICCHO』(2019)
Rufus Wainwright『Want Two』(2004)
Sam Amidon『I See the Sign』(2010)
Sam Gendel『4444』(2017)
Sampha『Process』(2017)
SANTAWORLDVIEW『What just happened?』(2019)
SIRUP『Feel Good』(2019)
Stray Cats『40』(2019)
Sunn O)))『Life Metal』(2019)
Twiztid『Generation Nightmare』(2019)
Woody『Shaw The Iron Men』(1981)
Yes『Tales From Topographic Ocean』(1973)
加山雄三加山雄三のすべて: ザ・ランチャーズとともに』(1966)
加山雄三とザ・ランチャーズ『恋は紅いバラ』(1966)
さなり『SICKSTEEN』(2019)
パスピエ『More Humor』(2019)
マイク真木『バラが咲いた - マイク眞木 フォークアルバム』(1966)
ゆらゆら帝国『3×3×3』(1998)
18 Carat Affair『Spent Passions 2』(2019)
1983『渚にきこえて』(2019)

<映画>

フレデリック・ワイズマン『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』(2017)

www.youtube.com

映画館で休憩がある映画を見たのは初めてだった。寝不足&空腹という最悪の条件下で鑑賞したのだけれど、圧倒的な知の集積のスケールと、信じられないほどに広範な活動内容、そしてそれらの活動に通底する美しい理念に圧倒され、じっと食い入る様に見た。そして映画の中でマグロウヒル社の教科書問題(黒人奴隷を「労働のための移民」と表現した)に触れられていたのだけれど、その名前が『主戦場』にも出てきて、ワイズマンの「図らずもトランプ氏が反対しているもの全てを体現する映画になった」というコメントがより一層説得力を増した。

スパイク・リードゥ・ザ・ライト・シング』(1989)
ミキ・デザキ『主戦場』(2019)

www.youtube.com

映画は衝撃的で、時に痛快で、時に涙がでるほど醜悪で、頭が潰れそうになるほど濃密な2時間だった。でもこの作品が都心の小さい劇場での公開で終わっては意味がなくて、全国の劇場で上映され、社会現象にならなければならない。