なんでもかんでもはむり

書きたいものだけ書く。音楽、映画、本がメイン。

今週の事々(2019_05_13〜19)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

ALASKALASKA『The Dots』(2019)
Beck『Sea Change』(2002)
Bob Dylan『Modern Times』(2006)
Chaka Khan『Hello Happiness』(2019)
Cyne『Time Being』(2003)
DJ Paul『Power, Pleasure & Painful Things』(2019)
Egberto Gismonti『Circense』(1980)

GOMESS『てる』(2019)

www.youtube.com

思えば彼も高校生ラップ出身。THA BLUE HERB的な、というのはいささか乱暴な説明かもしれないけど、今作にはO.N.Oも参加している。ヒップホップ・マナーに比較的のっとっている「光芒」(「ハンディキャップくらいわかるよバカヤロー」は衝撃的)から、の子プロデュースの性急なトラックが彼の制御し難い衝動を開放している「魔女狩り」への流れが良い。『あい』『し』『てる』の三部作が閉じた今、次はどこへ向かうのか今から楽しみ。

Hozier『Wasteland, Baby!』(2019)
Itaq『委託』(2019)
James Blake『James Blake』(2011)
Jan & Dean『Drag City』(1963)
Kelsey Lu『Blood』(2019)
KIKUMARU『Chain Reaction 2 - EP』(2019)
Kota The Friend『FOTO』(2019)
Kurt Vile『Wakin On A Pretty Daze』(2013)
Lafawndah『Ancestor Boy』(2019)
Lee Gamble『In A Paraventral Scale』(2019)
Liquid Saloon『Liquid Saloon』(2019)
Logic『Confession of a Dangerous Mind』(2019)
Mac DeMarco『Here Comes the Cowboy』(2019)
MANON『TEENAGE DIARY』(2018)
Marisa Monte『Mais』(1991)

Mir Fontane『Who's Watching the Kids 2』(2019)

www.youtube.com

ニュージャージーはカムデン出身、今年のXXLフレッシュマン候補にも上がっていたラッパーの新作ミクステ。メロディアスなフロウが癖になる。

never young beach『STORY』(2019) 
Omen44, NIPPS &VIKN『25:17』(2019)
PeeWee Longway『State of the Art』(2018)
Pinty『City Limits - EP』(2019)

Pistol McFly『Road Trip』(2019)

www.youtube.com

LA出身、「ブラック・ヒッピー」を標榜するラッパーの3枚目(?)となるアルバム。全曲Powerなるプロデューサーのトラックで、サンプリング主体の酩酊感のある曲が中心。

Placid Angles『First Blue』(2019)
Sadistik『Haunted Gardens』(2019)
Saodaj'『Pokor Lèr - EP』(2018)
SCARS『THE ALBUM』(2006)
Shy Glizzy『Convered N' Blood』(2019)
Styles P『S.P. The GOAT: Ghost of All Time』(2019)
Sufjan Stevens『Illinois』(2005)
Tom Zé『Estuando O Samba』(1976)
TommyGuerrero『Dub Session』(2019)
Tree『We Grown Now』(2019)

Tyler, the Creator『IGOR』(2019)

www.youtube.com

カニエとの共作曲(「PUPPETS」)、カニエからの影響が伺える2曲(「I THINK」「A BOY IS A GUN」、後者はカニエの「Bound」と同じサンプルを使用)、更には自分を神になぞらえるライン(「Hard to believe in God when there ain't no mirrors around」in「WHAT'S GOOD」)があったり、なんだかとことんカニエ色の強い一枚。だからと言うべきか、「ラップアルバムとして聴くな」との言葉通りものすごく広い射程を持った一枚。

The Ventures『Knock Me Out!』(1965)
Vince Staples & Larry Fisherman『Stolen Youth』(2013)
Weyes Blood『Titanic Rising』(2019)
XXX『SECOND LANGUAGE』(2019)
¥ellow Bucks『To The Top - EP』(2019)
Young Nudy & Pi'erre Bourne『Sli'merre』(2019)
キリンジ『ペイパードライヴァーズミュージック』(1998)
佐野元春『VISITORS』(1986)
電波少女『Q - EP』(2019)
ミツメ『Ghosts』(2019)

<映画>

『高校』(1968)
『The Song Remains the Same』(1976)