なんでもかんでもはむり

書きたいものだけ書く。音楽、映画、本がメイン。

今週の事々(2019_03_04〜10)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>
Aaron Parks『Little Big』(2018)
AJ Tracey『AJ Tracey』(2019)
Al Jarreau『Breakin' Away』(1981)
Archie James Cavanaugh『Black And White Raven』(1980)
Average White Band『Shine』(1980)
Back And Forth『Indivisible』(2019)
Black Boboi『Agate』(2019)
BUPPON『enDroll』(2019)
BYUNGSUNG KIM『Speedy Gold Ninja』(2018)
Canibus『Rip The Jacker』(2003)
Casper『COMPLEX』(2019)
Chuck Berry『After School Session』(1957)

Coatian Amor『Isa』(2019)

CorneliusFantasma』(1997)
Cz TIGER『WHATEVER』(2019)
Daryl Hall & John Oates『Abandoned Luncheonette』(1973)
Donutman『CHANGE CLOTHES - EP』(2019)
Dr. John『City Lights』(1978)
ENDRUN『innervision』(2019)
Esperanza Spalding『Radio Music Society』(2012)
Everything But The Girl『Walking Wounded』(1996)
Fazer『Mara』(2018)
gummyboy『Ultimate Nerd Gang - EP』(2018)
Higher Brothers『Five Stars』(2019)
ISH-ONE『ONES』(2019)
J.D. Souther『You're Only Lonely』(1979)
Jackie McLean『Swing, Swang, Swingin'』(1960)
Jackie McLean『A Long Drink of the Blues』(1961)
Jerry Lee Lewis『The Jerry Lee Lewis Anthology: All Killer No Filler!』(1993)
Jimmy Messina『Oasis』(1979)

Lifafa『Jaago』(2019)

Little Simz『Grey Area』(2019)
mei ehara『最初の日は/午後には残って』(2019)

Normcore Boyz & ZOT on the WAVE『Normcore on the WAVE - EP』(2019)

Run-D.M.C.Run-D.M.C.』(1984)
Ruru『Far Out』(2018)
Sam Cooke『One Night Stand! Live At the Harlem Square Club, 1963』(1985)
Samuel Purdey『Musically Adrift』(1999)
Solange『A Seat at the Table』(2016)
Solange『When I Get Home』(2019)
tofubeats『「寝ても覚めても」オリジナル・サウンド・トラック』(2019)
WeezerWeezer(Black Album)』(2019)
Y La Bamba『Mujeres』(2019)
yonawo『SHRIMP - EP』(2018)
Young Gun Silver Fox『West End Coast』(2015)

Yves Jarvis『The Same but by Different Means』(2019)

13ELL『W A N T S』(2018)
スダンナユズユリー『SYY』(2019)
たこやきレインボー『軟体的なボヤージュ』(2019)

田我流『B級映画のように2』(2012)

<書籍>
イアン・F・マーティン『バンドやめようぜ!―あるイギリス人のディープな現代日本日本ポップ・ロック界探検記』(2017)

バンドやめようぜ! ──あるイギリス人のディープな現代日本ポップ・ロック界探検記 (ele-king books)

バンドやめようぜ! ──あるイギリス人のディープな現代日本ポップ・ロック界探検記 (ele-king books)

 

最近ele-kingで執筆したコラムも話題のイギリス人、イアン・F・マーティンによる現代日本ポピュラー音楽(とくにインディー・ロック界)のルポ。

www.ele-king.net

訳文がどこかぎこちない分、逆に原文の構造を推測しながら読み進める必要があって、僕は逆に平易な訳よりも得られるものがあった気がするけど、英語に普段触れない人にとっては読みにくいかもしれない。

それにしてもマーティン氏の日本音楽業界に対する考察が鋭くて驚く。特に第1章での「なぜ日本では否定的なレヴューがタブーなのか」という問題は、日本の音楽メディアが抱えるしがらみが残酷なまでに明らかにされていて、なんだか身につまされる思いになる。