なんでもかんでもはむり

書きたいものだけ書く。音楽、映画、本がメイン。

今週の事々(2019_02_25〜03_03)

↓最後に今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

ADÉ『ALWAYS SOMETHING - EP』(2019)

Airplay『Airplay』(1980)

Angelo De Augustine『Tomb』(2019)

Blu & Oh No『A Long Red Hot Los Angeles Summer Night』(2019)

Brother Ali『All The Beauty in This Whole Life』(2017)

Carl Perkins『Original Golden Hits』(1970)

City Morgue『City Morgue Vol. 1: Hell or High Water』(2018)

www.youtube.com

Zillakami、SosMula、そしてプロデューサーのThraxxからなるユニットのデビュー作。とにかくZillaKamiのだみ声というかほぼデス声に近い唱法のラップとヘヴィなビートが癖になりまくる(彼は初期の6ix9ineのゴーストライターをしていたらしい)。イヤホンやヘッドホンでわけわからないくらいの大音量で聴くのがおすすめ。

Cold Crush Brothers『All the Way Live in '82』(1994)

Cristopher Cross『Christopher Cross』(1979)

Deerhunter『Why Hasn't Everything Already Disappeared?』(2019)

Donald Byrd『Fuego』(1960)

Elvis Presley『Elvis' Golden Records』(1958)

The Fifth Avenue Band『The Fifth Avenue Band』(1969)

Gary Clark Jr.『This Land』(2019)

Gene Vincent『Bluejean Bop!』(1956)

George Benson『Breezin'』(1976)

James TaylorJT』(1977)

Joni Mitchell『Court and Spark』(1974)

JP Simões『1970』(2007)

Juliana Perdigão『Folhuda』(2019)

Leonardo Marques『Early Bird』(2018)

Lexie Liu『2030』(2019)

Lil Pump『Harverd Dropout』(2019)

Lucky Daye『II』(2019)

Macky Feary Band『Macky Feary Band』(1978)

Marc Jordan『Mannequin』(1978)

Michael McDonald『If That's What It Takes』(1982)

MI8k『Cupid Power』(2018)

Modeselektor『Who Else』(2019)

MONSTA X『Take.2 We Are Here.』(2019)

NirvanaMTV Unplugged in New York』(1994)

Nivhek『After Its Own Death / Walking in a Spiral Towards the House』(2019)

Parliament『Mothership Connection』(1975)

Pink Floyd『The Dark Side of the Moon』(1973)

Red Velvet『RBB』(2018)

Ric Wilson『BANBA - EP』(2018)

Sade『Diamond Life』(1984)

Sam Cooke『Portrait of a Legend: 1951-1964』(2003)

Shurkn Pap『STYLISH NINJA - EP』(2019)

Stephen Bishop『Careless』(1976)

Swindle『No More Normal』(2019)

TAEMIN『Want』(2019)

TOKONA-X『トウカイXテイオー』(2004)

Topdown Dialectic『Topdown Dialectic』(2018)

Toto『IV』(1982)

フィッシュマンズ『空中キャンプ』(1996)

孫盛希『女・人 Woman』(2018)

<映画>

ファースト・マン』(2018)

www.youtube.com

遅すぎる今年1本目映画。『セッション』『ラ・ラ・ランド』などの話題作ですら彼の本の一側面だったのか、と思わせるほどの充実作。アメリカの宇宙開発計画を描いた映画は数あれど、これほどまでに外部からの視点が排除されているのは珍しい。安易に記録映像や実際のテレビ放送のフッテージは使わず、ひたすらにニール・アームストロングという寡黙でミステリアスな男の内部に潜っていくという「探索」の物語。Gil Scott-Heron「Whitey On The Moon」の出し方も秀逸。