なんでもかんでもはむり

書きたいものだけ書く。音楽、映画、本がメイン。

今週の事々(2019/01/15〜20)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

António Zambujo『Rua da Emanda』(2014)

Avantdale Bowling Club『Avantdale Bowling Club』(2018)

www.youtube.com

ニュージーランドのジャズ・ヒップホップバンド。Tom Scottというラッパー(?)のソロプロジェクトらしいんだけど、なんだか佇まいが故・Mac Millerに似てると思うのはぼくだけか?こういうバンド形態のヒップホップって言っちゃ悪いけどラップがつまらない物が多い中で、かなりスキルフルでずっと聞けちゃいます。

Bear Hands『Blue Lips / Ignoring the Truth / Back Seat Driver』(2019)

Brand X 『Moroccoan Roll』(1977)

Common『Like Water for Chocolate』(2000)

Fugees『The Score』(1996)

James Blake『Assume Form』(2019)

Kool G Rap『4, 5, 6』(1995)

Luísa Sobral『Rosa』(2018)

Mos Def『Black on Both Sides』(1999)

NasIllmatic』(1994)

Nashville Pussy『Pleased to Eat You』(2018)

New York Dolls『New York Dolls』(1973)

RENE MARS & Ry-Lax『Contrast - EP』(2018)

Silent Servant『Shadows of Death and Desire』(2018)

Slikback『Lasakaneku』(2018)

Sly & The Family Stone『Fresh』(1973)

Sonny Rollins『Saxophone Colossus』(1957)

Sonny Rollins『Way Out West』(1957)

Sonny Rollins『Our Man in Jazz』(1963)

The Staple Singers『Freedom Highway』(1965)

T.I.『Trap Muzik』(2003)

Talk Talk『Spirit of Eden』(1988)

iga.hatenablog.com

二週目にしてかなり苦戦。歌詞が出てきたりすると全然訳しきれない・・・。

Vulfpeck『Hill Climber』(2018)

50 Cents『Get Rich or Die Tryin'』(2003)

小西真奈美『Here We Go』(2018)

ぼくのりりっくのぼうよみ『没落』(2018)

『Always Proper - Therapy Sessions, Vol.2』(2018)