なんでもかんでもはむり

書きたいものだけ書く。音楽、映画、本がメイン。

今週の事々(2019/01/07~14)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

A Boogie wit da Hoodie『Hoodie SZN』(2018)

Albert Ayler『Spiritual Unity』(1965)

Ambrose Akinmusire『Origami Harvest』(2018)

Barney Artist『Home Is Where the Art Is』(2018)

BES & ISSUGI『VIRIDIAN SHOOT -Remix & Instrumentals-』(2018)

BLACK BASS『LFP - EP』(2019)

Bobby Sessions『RVLTN (Chapter 2): The Art of Resistance』(2018)

Buzzcocks『Singles Going Steady』(1979)

iga.hatenablog.com

Carolina Katún『Teol Al Silencio』(2018)

Carlos Núñez『Os Amores Libres』(1999)

Chara『Baby Bump』(2018)

Confidence Man『Confident Music for Confident People』(2018)

Crosswind『そして夢の国へ』(1981)

Dave Holland『Conference of the Birds』(1973)

DOGMA x LORD 8ERZ『DEAD LINE - EP』(2018)

Eric Chenaux『Slowly Paradise』(2018)

Fabrizio De André『Crêuza de mä』(1984)

Foo FightersFoo Fighters』(1995)

GANG PARADE『LAST GANG PARADE』(2019)

He Was Eaten By Owls『Inchoate With the Light Go I』(2018)

Helsinki Lambda Club『Tourist』(2018)

High On Fire『Electric Messiah』(2018)

Imperial Triumphant『Vile Luxury』(2018)

IZ*ONE『COLOR*IZ』(2018)

Lamont Dozier『Love and Beauty』(1974)

Lil Durk『Only the Family Involved Vol.2』(2018)

The Mamas & The Papas『If You Can Believe Your Eyes and Ears』(1966)

MC Lyte『Lyte as a Rock』(1988)

Miles Davis QuintetRelaxin' With the Miles Davis Quintet』(1958)

Miles Davis Quintet『Cookin' With the Miles Davis Quintet』(1957)

Normcore Boyz『Cityman's Gift』(2018)

Notology aka Arμ-2『A H O』(2018)

www.youtube.com

KID FRESINOやISSUGIとの共作で知られるビートメイカーのソロ作。よれたグルーヴ感でチルな空間が生まれる。「ボーカルプロジェクト」という表記が散見されるけど、言うほど彼のボーカルはフィーチャーされてなくて、あくまでトラックの一部といった感じ。

OZROSAURUS『Rollin' 045』(2001)

PELICAN FANCLUB『Boys just want to be culture』(2018)

Pineapple Express『Uplift - EP』(2018)

RYKEY『MZEE』(2018)

SANTAWORLDVIEW『WORLDVIEW』(2018)

Smino『blkswn』(2017)

SPIN MASTER A-1 & Shing02『246911』(2019)

Sticky Fingaz『 [Blacktrash] The Autobiography of Kirk Jones』(2001)

t-Ace『エロ神伝説』(2018)

Thomas P『street / device / alcohol - EP』(2018)

Towkio『WWW.』(2018)

Trippie Redd『A Love Letter to You 3』(2018)

War『The World Is a Ghetto』(1972)

天地真理『水色の恋 / 涙から明日へ』(1971)

小沢健二『LIFE』(1994)

カーネーション『EDO RIVER』(1994)

曽我部恵一『There is no place like Tokyo today!』(2018)

まさに「There is no artist like Sokabe today!」である。ラップアルバム「ヘブン」を出したと思ったらすぐさまこの作品。前作のヒップ・ホップ的なアプローチを彼の本領であるインディー・ポップに取り入れた結果、めちゃくちゃ今っぽい作品になってる。1曲目のタイトル曲のオートチューンの使い方、空間をいっぱいに使ったスペーシーなトラック、開放感と閉塞感を行き来する大胆な展開、完璧。

底なしのバケツのようにざらざら『actslum』(2018)

矢野顕子『ごはんができたよ』(1980)