なんでもかんでもはむり

書きたいものだけ書く。音楽、映画、本がメイン。

今週の事々(2018/11/12〜26)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

Antony & The Johnsons『The Crying Light』(2009)

Ava Rocha『trança』(2018)

butaji『告白』(2018)

DABO『NANA - EP』(2018)

H.E.R.『I Used To Know Her: Part 2 - EP』(2018)

Joey Dosik『Inside Voice』(2018)

John Prine『John Prine』(1971)

JUSWANNA『Black Box』(2009)

KID FRESINO『ai qing』(2018)

Kirk Knight『Late Knight Special』(2015)

KYO『All the Same Dream (feat. Jeuru)』(2018)

Large Professor『The LP』(2009)

Lee Konitz『Subconscious-Lee』(1955)

Lil Yachty『Nuthin' 2 Prove』(2018)

Little Mix『LM5』(2018)

Loyle Carner『Yesterday's Gone』(2017)

Mary J. Blige『The Breakthrough』(2005)

Masta Ace & Marco Polo『A Breukelen Story』(2018)

The Nice『Nice』(1969)

OGGYWEST『OGGY SEASON』(2018)

 

Orquesta Akokán『Orquesta Akokán』(2018)

POP ETC『ハーフ』(2018)

Ryley Walker『Deafman Glance』(2018)

Smino『NOIR』(2018)

SOBxRBE『GANGIN II』(2018)

Soul Generation『Beyond Body And Soul』(1972)

Stu Mindeman『Woven Threads』(2018)

Tokyo Jetz『Bonafide』(2018)

折坂悠太『平成』(2018)

神門『エール』(2018)

www.youtube.com

死という重いテーマを扱った前作『親族』とはうってかわって日常における些細な感情の機微をラップにしたためた良作。特に自分のキャリアと自分の創作の意義について悩み倒しているタイトル曲はぐっとくる。「これだけは聴いとけ!日本語ラップ100選 / オファーを受けた記憶などは一切ないが / 持ち前の自意識からパラパラとめくり / 自分の名前発見できず『クソ雑誌が』と閉じる」

ジェニーハイ『ジェニーハイ - EP』(2018)

杉山清貴オメガドライブ『Another Summer』(1985)

高岩遼『10』(2018)

中村佳穂『AINOU』(2018)

マテリアルクラブ『マテリアルクラブ』(2018)

3/3『3/3』(1975)

『Show Me the Money 777 Final』(2018)