なんでもかんでもはむり

書きたいものだけ書く。音楽、映画、本がメイン。

今週の事々(2018/10/22~28)

今週はあまり実りの多くない週だったので、かなり縮小版で。すいません。新譜もっとガッツリ聴かなきゃ。

<音楽>

Al Green『Let's Stay Together』(1972)

Art Blakey & The Jazz Messanger『Mosaic』(1961)

Art Blakey Quintet『A Night At Birdland, Vol.1』(1954)

Behemoth『I Loved You at Your Darkest』(2018)

The Clovers『The Clovers』(1975)

Deafheaven『Ordinary Corrupt Human Love』(2018)

Ella Mai『Ella Mai』(2018)

Elvis Costello & The Imposters『Look Now』(2018)

Gottz『SOUTHPARK』(2018)

www.youtube.com

KANDYTOWNからGottzのソロが到着。もう全員出したと思ってたけどまだいたのね。タイトル通り現在のサウスのシーンと共振するような内容で、NY感漂うKANDYTOWNとはまた違った一面が見れてなかなかよかった。

Jean Carn『Jean Carn』(1977)

Kevin Gates『Luca Brasi 3』(2018)

M.O.P.『Firing Squad』(1996)

www.youtube.com

聴く側の首を本気で折りにきてるハードコア・ブーンバップ。ラッパーは声がいいとめちゃくちゃトクだね。

Maysa『Maysa』(1957)

NORIKIYO『Bouquet』(2017)

Octavian『SPACEMAN』(2018)

SOLEIL『SOLEIL is Alright』(2018)

Soft Machine『Third』(1970)

sooogood!『sooogood!』(2018)

Stan Getz & Joao Gilberto『Getz / Gilberto』(1964)

String Theory『String Theory』(2014)

You Me At Six『VI』(2018)

Zion.T『ZZZ』(2018)

門あさ美『Sachet』(1980)

くるり『ソングライン』(2018)

小島麻由美『セシルのブルース』(1995)

半田健人『生活』(2018)

真心ブラザーズ『INNER VOICE』(2018)

矢野顕子『JAPANESE GIRL』(1976)

『X−FACTOR EP』(2018)

<映画>

『オール・アイズ・オン・ミー』(2017)

若おかみは小学生!』(2018)

<書籍>

ジョン・ルイス、アンドリュー・アイディン作 / 押野素子訳『MARCH 1 非暴力の闘い』(2018)

ユリイカ2016年3月臨時増刊号『出版の未来 書店・取次・出版社のリアル』(2016)