なんでもかんでもはむり

書きたいものだけ書く。音楽、映画、本がメイン。

今週の事々(2018/06/18~24)

月曜日。地震のニュースに心を痛め、呂布カルマの「大阪、地震も含めて楽しかった」ツイートに腹を立てながら、青森県立美術館「絵画の絆『フランスと日本』展」鑑賞。

ex.artnavi-bt.com

「アトロク」で(確か)日比アナが言っていた「ポストカード4枚」の習慣をやってみた。僕が選んだのは岡鹿之助『積雪』(自作だというキャンヴァスの質感が素晴らしかった!)、ジュール・パスキン『緑衣の女』(けだるい表情がよかった)、モイーズ・キスリング『ルーマニアの女』(この展覧会で一番気に入った。綺麗な女性!)、クロード・モネ『セーヌ河の朝』の4枚。「印象派」とかよくわかってなかったけど、なんだかわかった気になったし楽しめた。美術館もっと通おう。

なんだか帰省中にヒップ・ホップ関連のニュースがたくさんありすぎて、しかもどれもいいニュースではなく、なんだかげんなり。NasのアルバムもKanyeプロデュースだったり、それが結構大胆な剽窃だったり、6ix9ineがChief Keefを挑発し続けていたり、Rich The KidがGFの家で強盗に襲われたり。もうなんだかなあ。Jay-ZとBeyoncéのアルバムは楽しみ。

そんな中聴いたJoey Bada$$のデビュー作『1999』(最近サブスク解禁に)が素晴らしかった。新作の発表も近いそうで、楽しみったらありゃしない。

KID FRESINOのこの曲のMVが公開。「Coinsidence」と両A面で出てたんだね。知らなんだ。

www.youtube.com

火曜日。いきなりXXXTENTACION銃殺のニュースが。もうやりきれんよ・・・。多くの問題を抱えた人間だったけれども、そこから音楽を使って脱していこうとする強い意志が見えるアーティストだったのに。ほんと、ほんとに報われないよ・・・。日本にも来てほしかったし、もっともっとこの人の曲を聞きたかった。

www.youtube.com

今年のアルバム『?』はどんどん新境地を切り開いていく傑作だった。ご冥福をお祈りします。

 水曜日。たまっていた「アトロク」を消化。先週金曜日の「グラドル総選挙」はこれまでで一番狂った企画で最高だった。真面目な特集ももちろん聞きごたえ抜群なんだけど、もっとクレイジーな特集ももっと聴きたいかなあ。

SD JUNKSTAのWAXのアルバムが良かった。夏らしい爽やかなチューンが満載。

そして『ワンダー 君は太陽』を鑑賞。なんと木曜日までの1週間が「TOHOシネマウィーク」ということで会員は1100円で映画を見れたらしい。知らなかった・・・。

www.youtube.com

昨年公開された『ギフテッド』を思い出させるような、家族のいいお話。描いていることは間違いなく大切なことだけれど、映画としては疑問符の残る出来。もちろん子供ができたら見せたい一本ではあるけれど、あまりにも子供向けすぎた気もする。あのいじめっ子の退場のさせ方はとにかく後味が悪い。

一日飛んで金曜日。新宿武蔵野館にて『スパイナル・タップ』(1984)を鑑賞。

www.youtube.com

昔からタイトルは聴いたことがあったが、まさか日本未公開だとは思ってなかった。それが何故か(本当に何故か)このタイミングで日本初公開。金曜の夕方にもかかわらずそこそこの客入り。ロックバンドあるあると最高のギャグが織りなす至福の82分間だった。Tシャツを買いそうになって思いとどまった。でも帰ってきてからやっぱほしいなと思っている。

Kamasi Washingtonの新作を聴く。冒険的なリズム、スリリングなインプロ、そして壮大な空気感。現代のジャズをここまできちんと聴いたのは初めてに近いくらいだったけど、そんなぼくにもすごさが伝わる作品だった。ヒップ・ホップを経由している分いささか聞きやすい。

www.youtube.com

SKY-HIが個人のアカウントで「The Story of "J"」を公開。

www.youtube.com

昨年の「キョウボウザイ」「0570-064-556(1-800-273-8255 Remix)」からの流れにある「コンシャス」なラップ。鍵括弧付きで言わなきゃいけないのが残念だけど。この曲も暗喩が安直なように感じるのと、日米関係と北朝鮮の複雑な歴史を単純化してしまっているように感じる。コンシャスだからと言って手放しで褒められたものではないというのは確か。なんだかなあ。「ポリティカルぶってるけど全然ポリティカルじゃない」というこの曲のディスの方が的を得ているように感じてしまう。

www.youtube.com

 また一日飛んで日曜日。F1世界選手権第8戦、10年ぶりのフランスGP。

www.youtube.com

上位争いはちょっと置いといて、中団~下位争いの話を。

ザウバーの新人、ルクレールがすごく良い。チームメイトのエリクソンと比べると一目瞭然。今回も見事に予選8位、決勝10位。貴重な貴重なポイントを持ち帰る。将来が楽しみな一人。

ハース・グロージャンは本当にどうしてしまったんだろう。今回もペースが上がらずポイント圏外。マグヌッセンは着実にポイントを重ねているのに・・・。

そして名門マクラーレン、ウィリアムズの凋落がひどい。両チームともに今回はレースになっていなかった。アロンソは来年からインディに挑戦した方がいいのでは?せっかく駄々こねてルノーPUにしてもらったのに全然楽しくなさそうだし。後進に道を譲るという意味でも引退が賢い選択だと思う。

↓最後に今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

ACIDMAN『equal』(2004)

BAD HOP『BAD HOP HOUSE』(2018)

Fuji Taito『Bangaz -EP』(2017)

GHOST『Prequelle』(2018)

Joey Bada$$『1999』(2012)

Kamasi Washington『Heaven and Earth』(2018)

King Princess『Make My Bed -EP』(2018)

Nas『Nasir』(2018)

NAV『RECKLESS』(2018)

Pain of Salvation『Be』(2004)

The Q-Continuum『Organ Kane's Quintessential Grooves』(2004)

Ski Mask the Slump God『BEWARE THE BOOK OF ELI』(2018)

sora tob sakana『alight ep』(2018)

SUKISHA『Segment of Cakes』(2018)

WAX from SD JUNKSTA『Gohstone a.k.a. Delico. 8』(2018)

Ying Yang Twins『Me & My Brother』(2003)

Yuskey Carter『Next Episode II』(2018)

甲田まひる a.k.a. Mappy『PLANKTON』(2018)

ポルカドッドスティングレイ『一大事 - EP』(2018)

呂布カルマ『SUPER SALT』(2018)

<映画>

『麻薬密売人 プッシャー』(1997)

ワンダー 君は太陽』(2017)

スパイナル・タップ』(1984)

<書籍>

立山秀利『入門者のExcel VBA 初めての人にベストな学び方』(2012)