なんでもかんでもはむり

書きたいものだけ書く。音楽、映画、本がメイン。

一気聴きのあとがき:ORANGE RANGE編『本当のヒーローはいつだって飄々としている』

今の20代にとってORANGE RANGEというのは誰しもが通ってきた道。ぼくなんかはクラスの朝の会で「花」や「ミチシルベ~ a road home~」を歌ったりしてた。

でも彼らにぼくらは正当な評価をしているかと問われると、眉をしかめてしまう。「パクリバンド」の烙印を押して、ロックシーンから葬ってしまったのはぼくたちだ。本来ならそんな仕打ちをされた彼らはダークヒーローとして、復讐の鬼として暗黒面に落ちてしまってもおかしくない。

でも彼らは飄々としている。本当のヒーローのように。どんなに打たれたって、どんな仕打ちをされたって、小粋なジョークを一言ポロリとこぼすだけ。

www.youtube.com

こんなに上質なポップ・ロックを鳴らすバンドが、忘れ去られていいわけがない。