なんでもかんでもはむり

書きたいものだけ書く。音楽、映画、本がメイン。

今週の事々(2018/03/26~04/01)

月曜日。大学の卒業式。中学校・高校の卒業式とは違い「今生の分かれ」の雰囲気が無いからか、ポジティブなバイブスにあふれているのが大学の卒業式だ。また会えることが確約されているうえでの別れの儀式。そこにはセンチメンタルなものは一切ない。結局朝まで飲み明かしてしまった。あーあ。

火曜日。いまさらながらR-指定ってめちゃくちゃラップがうまいんだなということがよくわかるCreepy Nutsの新曲。

www.youtube.com

メジャーに行ってから迷走してた分、この回帰は本当にうれしい。

この日は面接があったのだが、てんでダメだった。腹いせに納豆にキムチとごま油かけて食ってやった。ざまあみろ。でもスーツがパンパンだったし、痩せることを決意。

乃木坂46『僕だけの君~Under Super Best~』を聴いて、乃木坂46一気聴きシリーズ無事終了。いやあ本当にね、いいグループですよ。

iga.hatenablog.com

菊地成孔の粋な夜電波 シーズン1-5 大震災と歌舞伎町篇

菊地成孔の粋な夜電波 シーズン1-5 大震災と歌舞伎町篇

 

大好きなラジオ番組のラジオ本。聴いてもよし、読んでもよし。いややっぱり聴くのが一番かな。 

水曜日。03 Greedo『The Wolf of the Grape Street』(2018)、最近USヒップ・ホップの新譜を追えてなかったのもあるけど久々のヒット。

www.youtube.com

国府達矢『ロックブッダ』を国府達矢が誰かも知らず聴いたのだが、こいつぁすげえアルバムだ。

www.youtube.com

むしゃくしゃしたときの悪い癖で、本をたくさん買うっていうのがある。この日はそれが一斉に届いてちょっとした虚脱感を得た。でも白石麻衣伊藤万理華の写真集を見たらそんな気分一瞬で吹き飛ぶ。

白石麻衣写真集 パスポート

白石麻衣写真集 パスポート

 
伊藤万理華写真集 エトランゼ

伊藤万理華写真集 エトランゼ

 

写真って一回見ただけじゃそこに秘められているエネルギーの100分の1くらいしか引き出せてない気がする。だから何回でも見れるんだろうなあ。優れた文章もそう。写真的だったり映像的だったり音楽的だったり、文章以外の要素がすぐれていたら何度でも読みたくなる。

やっとこさ『15時17分、パリ行き』を鑑賞。前作『ハドソン川の奇跡』は「金がかかったアンビリバボーじゃねえか」としか思わなかったけど、今作は一味違って、「なんか不思議な映画」には仕上がってる。でもやっぱりなんだか、映画を撮ることへの情熱が本当にあるのかな?と思ってしまうくらいあっさりした映像で、100%大好きな監督ではなくなってきたかな。

blt graphの最新号、渡辺梨加欅坂46)が表紙なのをずっと買うの我慢してたんだけど、ついに買っちゃった。

blt graph. vol.29 (東京ニュースMOOK)

blt graph. vol.29 (東京ニュースMOOK)

 

 もう、どんどん日常がアイドルにむしばまれている気がして、ものすごく幸せです。

木曜日。沖縄発の「ボーカル&ダンスグループ」、Chuning Candyのデビューシングル『Dance with me』がいい感じ。露骨にK-POPを意識してますが、クオリティの高い歌とダンスとヴィジュアル。ハーフ顔のLILIちゃんが目立ってかわいい。

www.youtube.com

そして微妙に改名したJABBA DA FOOTBALL CLUBの新EPが良い。前作『OFF THE WALL』は正直すごくビミョー(ってことはダメ)だったんだけど、今回はいい。フロウが進化しつつ、RIP SLYMEKICK THE CAN CREWスチャダラパーなど偉大な先輩方のクルーの空気感も身につけたのか。特にTempalayの「革命前夜」をさっそくサンプリングしたこの曲なんか。

www.youtube.com

YENTOWNのkZmのソロアルバムは、今の日本のヒップ・ホップ界の若い世代の才能が集まったすさまじい作品。Awich、5lack、PETZ、BIM、Chaki Zulu、jjj、MVにはSpikey Johnも関わってて完全にロン。上がりですわ。

www.youtube.com

日本のXXXTENTACIONの誕生か?

「結び」を見に行くためにまず『ちはやふる 上の句』(2016)鑑賞。これは、これは、よい・・・登場人物全員が輝く、見事な青春劇。こんなのがあと2本も見れるんですか。

金曜日。タマフル最後の課題映画『リメンバー・ミー』鑑賞。やっぱりピクサーは文句を言おうにも言えない作品を作ってくるなあ。「家族」か「夢」かという問題に対して、必ずしも一元的な見方のみを提供するのではないという作り。そして特に序盤はこれでもかというくらい残酷で、家族という闇がこれでもかというくらい描かれてる。だからこそ後半にかけての展開が効いてくるわけで・・・。ガキんちょの隣でビービー泣いてしまった。

でもそれにしても、アニメーション映画の吹き替え版によくあるのが、劇中の文字情報まで日本語になっているってやつ。別に駄目だとは言わないけど、せめてフォントを周りのデザインと合わせるくらいはやってほしい。全部が全部機械的なゴシック体なのはいただけない。そこで一気に冷めちゃうから。結構大事だと思うんだけど、どうなの?

土曜日。『ちはやふる 下の句』(2016)鑑賞。相変わらずよくて、松岡茉優が何度も持っていく。サイコー。

池袋の油そば名店「ドリルマン」の油そばがハチャメチャにおいしい。最後は煮干しだしのスープ割まで楽しめる。

そしてそして、とうとう『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』最終回。すぐに新番組がはじまるからそこまで悲しくはないものの、感慨はひとしお。最終回っぽいけど最終回っぽくない、とても「らしい」放送だった。お疲れさまでした。これからも文化を愛する人々の「部室」であり続けてほしいものだ。帯だから毎日聴くのは難しいかもしれないけど、とりあえず月曜はラジオにかじりつくよ!

日曜日。そして月も変わり4月に。

4月の旧譜は1968年特集。1枚目は盲目のソウルシンガーClarence Carterの一枚。

www.youtube.com

それでは最後に今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

Alice Cooper『Killer』(1971)

AngraOmni』(2018)

Barren Earth『A Complex of Cages』(2018)

Chuning Candy『Dance with me』(2018)

Clarence Carter『This is Clarence Carter』(1968)

DJ OKAWARI x Emily Styler『Resotre』(2018)

Escape the Fate『I Am Human』(2018)

Fall Out Boy『MANIA』(2018)

The fin.『There』(2018)

JABBA DA FOOTBALL CLUB『FUCKING GOOD MILK SHAKE - EP』(2018)

Johnny Winter And『Jonny Winter And』(1970)

KANA-BOON『KBB Vol.1』(2018)

kZm『DIMENTION』(2018)

MC松島『IN THE HOUSE』(2018)

Nulbarich『H.O.T.』(2018)

ORANGE RANGEMusiQ』(2004)

ORANGE RANGE『NATURAL』(2005)

Steady B『What's My Name』(1987)

Tony Braxton『Sex & Cigarettes』(2018)

Trouble『Edgewood』(2018)

03 Greedo『The Wolf of the Grape Street』(2018)

国府達矢『ロックブッダ』(2018)

さとうもか『Lukewarm』(2018)

スキマスイッチ『新空間アルゴリズム』(2018)

菅田将暉『PLAY』(2018)

東京スカパラダイスオーケストラ『GLORIOUS』(2018)

乃木坂46『いつかできるから今日できる』(2017)

乃木坂46『僕だけの君~Under Super Best~』(2018)

<映画>

15時17分、パリ行き』(2018)

ちはやふる 上の句』(2016)

リメンバー・ミー』(2018)

ちはやふる 下の句』(2016)

<本>

菊地成孔の粋な夜電波 シーズン1-5 大震災と歌舞伎町篇』(2017)

白石麻衣写真集 パスポート』(2017)

伊藤万理華写真集 エトランゼ』(2018)

cherry chill will.『RUFF, RUGGED-N-RAW』(2018)