なんでもかんでもはむり

書きたいものだけ書く。音楽、映画、本がメイン。

KEN THE 390『リフレイン』レビュー

リフレイン

リフレイン

 

 ここ数年は「若手フックアップマシーン」「コラボ曲大将」と成り下がってた印象のあるKEN THE 390。事実2016年にリリースされた前作『真っ向勝負』は1曲を除いてすべての曲にゲストがいるというそこそこ異様な作品になっていて、もはやこの人は一人では曲を完結することができないのでは?なんて思わせてしまうほどの出来だった。

それでいて「フリースタイルダンジョン」では誰よりも的確な審査・コメントをするもんだから、「ああ、この人はラップは大好きなんだけど力量が追い付いていないんだな」という烙印を押していた人も多そう。事実、ぼくもそうだったし。

しかしそんな状況に本人も少なからず危機感を覚えていたのか、今回のアルバムはちょっと様子が違う。

この曲が公開された時にすでにその予感はあったんだけれど、今回のアルバムは現行USのトレンドをいくらか取り入れた(有り体に言えば)ものすごく「イマ風」な作風にスイッチ。そしてそれが見事に彼にマッチしてる。若手を次々とフックアップしてきた彼だけど、彼らからもらった刺激がようやく形になり始めてるのかも。

彼のラップでいまいち物足りない点として「どっかで聞いたことがあるような韻をどや顔で踏む」という点があるんだけど、それも歌モノのラップになると不思議と気にならなかったりする。どう考えても活路はこっちだ!

今回は特にトラックもめちゃくちゃ良いんだけど、表題曲を含む5曲に参加しているbaufuzzというトラックメイカーが良い。Rude-αの最新EPにも参加しているみたいなんだけど、なにせGoogleでもTwitterでも「気鋭のトラックメイカー」という情報以外出てこない。もっと注目されてもいいのに!

数少ない客演の中でもDOTAMAとサイプレス上野フューチャリングした「調子悪い」はかなり突き抜けてよい。普段は「きれいごと」みたいなラップをする彼だけど、こういう泥臭くて面白い曲もやるとこんないい感じになるとは。

DOTAMAこそが「次世代の般若」なんかじゃないかと思ってるんだけど、この曲とかわかりやすくそう。いいぞ、いいぞ~!

中堅を通り越してだんだんベテランの領域に入ってくるキャリアだと思うんだけど、ここにきて新しくて、それでいてめちゃくちゃかっこいい「答え」を出したと思う。ほんと、この調子でお願いしますよ!