今週のまとめ2017/07/10~2017/07/16

<月曜日>

本格的な夏休みがスタート。

日曜日に買ってもらったワンピースの1~9巻を一気に読んでしまった。ウソップ海賊団のくだりやサンジのクソお世話になったくだりやナミが助けてほしがってるくだりを涙ボロボロたらしながら読んだ。それを新鮮に読めるというのはどうだ、うらやましいだろみんな。 

ONE PIECE  1 (ジャンプ・コミックス)

ONE PIECE 1 (ジャンプ・コミックス)

 

Jay-Zの新作を聴きたいのでデビューアルバムからたどることにした。かっけえ。

トラックもラップも最上級。ヒップ・ホップを聴く喜びを与えてくれる。

タマフルにて紹介されていた『大学1年生の歩き方』読了。大学5年生にして。とてもためになるので日本津々浦々のすべての大学1年生は読むべき。 

大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12のステップ

大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12のステップ

 

 そしてiTunesでしばらく前に「今週の映画」に選ばれていた『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』(2014)を鑑賞。90分という短さでサクッと見れるサクッと面白い映画でした。

そしてポエトリーラッパー神門の新作「親族」は名作。祖父の死から始まるコンセプトアルバムなんだけど、ドキュメンタリーアルバムというにふさわしいくらい克明に心の動きを描き切っていて、ぼくも祖父が死んだときのことを思い出した。

<火曜日>

 タマフルブック第2弾『中動態の世界 意志と責任の考古学』読了。 「考古学」の名の通り、昔あたりまえにあったものを今と照らし合わせながら再現していく、その営みがとても面白かった。

中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)
 

 久しぶりにこんなに難しい本を読んだ。こういうのをサラサラ読めるようにならなければなあ、と反省。この夏休みは本をとにかく量こなせるようになりたい。

続けてこの本も読了。

MCバトル史から読み解く 日本語ラップ入門

MCバトル史から読み解く 日本語ラップ入門

 

この間このブログで取り上げた「MCバトルはスポーツか?」という問題に僕なんかよりより重厚な情報量と歴史観で鮮やかにひも解いている一冊。結構名指しで問題提起してたりして、プレイヤーの彼にしか出せない説得力があってよい。

そしてこんな日に「フリースタイルダンジョン」。般若敗北。やっぱvs漢がベストバウト。般若と漢が認め合う瞬間を見れてよかった。そして晋平太はもうそろそろ音源ガンバレ。

モンスター解散は噂に聴いていた通り。さすがにずっと続けさせるわけにはいかないよなあ。みんなそれぞれの人生があるわけだし。いっそモンスターという制度を廃止すればいいのに。毎回トーナメント戦やって前回チャンピオンがラスボス、みたいな。テレビじゃそれだけじゃうまくいかないのか。

<水曜日>

最近食べ過ぎていたのでダイエット開始。豆腐に醤油とごま油かけて食べるだけで満足できる体になろうっと。

MC松島が去年のリオ五輪の期間に製作した「吉田沙保里」シリーズにはまる。こんなくだらないことを一生懸命やってるのがサイコーに面白いし、「めんどくさいやつ」akaMC松島、という側面が最大限生かされててとにかくサイコー。ホントこの人は頭がいい。

このあとフツーにアルバムも作っちゃったみたい。

そして『ジョン・ウィック』(2015)鑑賞。やっと見れた。思ったほど、でした。でも続編見に行きます。

最近友達とか周囲の人間の音楽の聴き方に疑問を呈したいという気持ちが強いので、なんか書こうかな。

<木曜日>

ということで書いた。

満喫に行こうと思ったけど身分証を忘れたので仕方なくツタヤでコミックレンタル。20冊を持って帰ってくるのが大儀。

ずっと読みたかったマンガ読めた。ちょっとでもMっ気のある男は必読。そうでなくても必読。こんな中学生でありたかった・・・と思っていたら、一つだけぼくにも「高木さんエピソード」が。

放課後学級新聞づくりで残っていた時、同級生の可愛い子が学生服を着たいと言いだしたので貸してあげた。そしたら向こうは「セーラー服着てみたい?」と来たもんだ。おそらくあの時のぼくは西方君と同じ顔をしていたに違いない。あーあ、着ておけばよかったなあ。 真由ちゃんのセーラー服。

<金曜日>

花金だろうが何だろうが、夏休みの大学生にとってはクソ平日。漫画を読み、久しぶり自炊を始めようと買い物に行き、部屋の掃除をば。続きは明日。

シェルブールの雨傘』(1963)を鑑賞。いかにもカラー映画黎明期といった趣の美術・衣装が美しい。近所のツタヤの「10代・20代のうちに見たい映画」のコーナーにあったので皆さんも是非。カトリーヌ・ドヌーヴが美しすぎる。

www.youtube.com

THE OTOGIBANASHI'Sのワークで知られるVaVaのラップアルバム、めちゃくちゃよい。

www.youtube.com

YouTube再生回数1万回以下なの意味わかんねえ。唾奇xSweet Williamの次はこれだぞ。

ポッセカットにC.O.S.A.、そして9月のPUNPEEと、Summitがとにかく元気だな。

<土曜日>

自炊生活スタート。続けるぞー。

映画『300<スリーハンドレッド>』(2007)鑑賞。まあ素直にかっこいいわな。スローモーション多用には萎えたけど。

www.youtube.com

F1の予選はアロンソのQ1がハイライトでした。よくやった。と思ったら30グリッド降格と聞きずっこける。誰だかも言ってたけどドライバーの責任じゃないペナルティでグリッド降格はやるせないわな。ハミルトンはシューミーの記録まであと1つ。これは勝利回数記録も塗り替えてしまうのでは。

<日曜日>

 TOHOシネマズに『ジョン・ウィック:チャプター2』を見に行く。

www.youtube.com

前作でよかったところをより拡大した、正統派進化作でよかった。殺し屋の世界の描き方、アクション、ロケーション、総てが一回りずつ大きくなってる。ということで前作よりも好きです。最終章に向けた期待のさせ方もグッド。

帰りにツタヤで漫画を借りたんだけど、同じ巻を2つずつレジに持って行ってしまい非常に恥ずかしかった。かわいい店員さんだっただけに余計悔やまれる。

F1イギリスGP決勝観戦。久しぶりに頭からケツまで見た。メルセデスの本気、めちゃくちゃ強いね。まさに盤石。フェラーリは最後ごたついたね。マクラーレンホンダは・・・もっと頑張れ。ライコネンシャンパン呑みが見れたので満足。

<今週のまとめ>

・音楽

The Beach Boys「Pet Sounds」(1966)

神門「親族」(2017)

Jay-Z「Reasonable Doubt」(1996)

Jay-Z「In My Life Time, Vol.1」(1997)

Jay-Z「Vol.2...Hard Knock Life」(1998)

Jay-Z「Vol.3: The Life and Times of S.Carter」(1999)

Simon & Garfunkel「Sounds of Silence」(1966)

VaVa「Low mind boi」(2017)

Rise Against「Wolves」(2017)

Yardbirds「Roger the Engineer」(1966)

The Kinks「Face to Face」(1966)

Dangerkids「blacklist_」(2017)

Sam & Dave「Hod On, I'm Comin'」(1966)

Buffalo SpringfieldBuffalo Springfield」(1966)

・映画

『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』(2014)

ジョン・ウィック』(2015)

シェルブールの雨傘』(1963)

『300<スリーハンドレッド>』(2007)

ジョン・ウィック:チャプター2』(2017)

・本

トミヤマユキコ・清田隆之『大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12のステップ』

國分功一郎『中動態の世界 意志と責任の考古学』

DARTHREIDER『MCバトル史から読み解く日本語ラップ入門』

・マンガ

山本崇一朗からかい上手の高木さん』1~5巻

原泰久『キングダム』1~5巻

尾田栄一郎『ワンピース』10~12巻

渡辺渡『弱虫ペダル』1~6巻

末次由紀ちはやふる』1~3巻

<2017年>

音楽アルバム:159枚

映画:49本

本:17冊

マンガ:36冊