なんでもかんでもはむり

書きたいものだけ書く。音楽、映画、本がメイン。

今週の事々(2019_05_13〜19)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

ALASKALASKA『The Dots』(2019)
Beck『Sea Change』(2002)
Bob Dylan『Modern Times』(2006)
Chaka Khan『Hello Happiness』(2019)
Cyne『Time Being』(2003)
DJ Paul『Power, Pleasure & Painful Things』(2019)
Egberto Gismonti『Circense』(1980)

GOMESS『てる』(2019)

www.youtube.com

思えば彼も高校生ラップ出身。THA BLUE HERB的な、というのはいささか乱暴な説明かもしれないけど、今作にはO.N.Oも参加している。ヒップホップ・マナーに比較的のっとっている「光芒」(「ハンディキャップくらいわかるよバカヤロー」は衝撃的)から、の子プロデュースの性急なトラックが彼の制御し難い衝動を開放している「魔女狩り」への流れが良い。『あい』『し』『てる』の三部作が閉じた今、次はどこへ向かうのか今から楽しみ。

Hozier『Wasteland, Baby!』(2019)
Itaq『委託』(2019)
James Blake『James Blake』(2011)
Jan & Dean『Drag City』(1963)
Kelsey Lu『Blood』(2019)
KIKUMARU『Chain Reaction 2 - EP』(2019)
Kota The Friend『FOTO』(2019)
Kurt Vile『Wakin On A Pretty Daze』(2013)
Lafawndah『Ancestor Boy』(2019)
Lee Gamble『In A Paraventral Scale』(2019)
Liquid Saloon『Liquid Saloon』(2019)
Logic『Confession of a Dangerous Mind』(2019)
Mac DeMarco『Here Comes the Cowboy』(2019)
MANON『TEENAGE DIARY』(2018)
Marisa Monte『Mais』(1991)

Mir Fontane『Who's Watching the Kids 2』(2019)

www.youtube.com

ニュージャージーはカムデン出身、今年のXXLフレッシュマン候補にも上がっていたラッパーの新作ミクステ。メロディアスなフロウが癖になる。

never young beach『STORY』(2019) 
Omen44, NIPPS &VIKN『25:17』(2019)
PeeWee Longway『State of the Art』(2018)
Pinty『City Limits - EP』(2019)

Pistol McFly『Road Trip』(2019)

www.youtube.com

LA出身、「ブラック・ヒッピー」を標榜するラッパーの3枚目(?)となるアルバム。全曲Powerなるプロデューサーのトラックで、サンプリング主体の酩酊感のある曲が中心。

Placid Angles『First Blue』(2019)
Sadistik『Haunted Gardens』(2019)
Saodaj'『Pokor Lèr - EP』(2018)
SCARS『THE ALBUM』(2006)
Shy Glizzy『Convered N' Blood』(2019)
Styles P『S.P. The GOAT: Ghost of All Time』(2019)
Sufjan Stevens『Illinois』(2005)
Tom Zé『Estuando O Samba』(1976)
TommyGuerrero『Dub Session』(2019)
Tree『We Grown Now』(2019)

Tyler, the Creator『IGOR』(2019)

www.youtube.com

カニエとの共作曲(「PUPPETS」)、カニエからの影響が伺える2曲(「I THINK」「A BOY IS A GUN」、後者はカニエの「Bound」と同じサンプルを使用)、更には自分を神になぞらえるライン(「Hard to believe in God when there ain't no mirrors around」in「WHAT'S GOOD」)があったり、なんだかとことんカニエ色の強い一枚。だからと言うべきか、「ラップアルバムとして聴くな」との言葉通りものすごく広い射程を持った一枚。

The Ventures『Knock Me Out!』(1965)
Vince Staples & Larry Fisherman『Stolen Youth』(2013)
Weyes Blood『Titanic Rising』(2019)
XXX『SECOND LANGUAGE』(2019)
¥ellow Bucks『To The Top - EP』(2019)
Young Nudy & Pi'erre Bourne『Sli'merre』(2019)
キリンジ『ペイパードライヴァーズミュージック』(1998)
佐野元春『VISITORS』(1986)
電波少女『Q - EP』(2019)
ミツメ『Ghosts』(2019)

<映画>

『高校』(1968)
『The Song Remains the Same』(1976)

今週の事々(2019_05_07〜12)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

Adriana Calcanhotto『O Micróbio Do Samba』(2011)
Aldous Harding『Designer』(2019)
THE BASSONS『DOWN - EP』(2019)
BiSH『CARROTS - EP』(2019)
The Boogie Boys『City Life』(1985)
Control Top『Converted Contracts』(2019)
Dana Dane『Dana Dane With Fame』(1987)
Deafkids『Metaprogramação』(2019)
Djavan『Luz』(1982)
FET.NAT『Le Mal』(2019)
Gilberto Gil『Refavela』(1977)
The Isley Brothers『The Heat Is On』(1975)
Jorge Ben『Samba Esquema Novo』(1963)
Joyce『Feminina』(1980)
kamui『I am Special』(2019)
Led Zeppelin『Physical Graffiti』(1975)
Lenine & Marcos Suzano『Olho De Peixe』(1993)
Lizzo『Cuz I Love You』(2019)
Matt Martians『The Last Party』(2019)
Mellow Fellow『Jazzie Robinson』(2016)
Milt Jackson Quintet featuring Ray Brown『That's the Way It Is』(1970)
The Modern Jazz Quartet『Europian Concert』(1960)
The Modern Jazz Quartet & The Swingle Singers『Place Vendôme』(1966)
MUMA a.k.a. Quidam Beatz『夢麻』(2019)
Rico Nasty & Kenny Beats『Anger Management』(2019)
RepYourSelf『no data』(2019)
ScHoolboy Q『CrasH Talk』(2019)
Sergio Mendes & Brasil '66『Herb Alpert Presents Sergio Mendes & Brasil '66』(1966)
The Skinny Boys『Weightless』(1986)
Stray Kids『Clé 1 : MIROH』(2019)
SURAN『Jumpin' - EP』(2019)
Vampire Weekend『Fahter of the Bride』(2019)
Your Old Droog『It Wasn't Even Close』(2019)
03 Greedo『Still Summer in the Projects』(2019)
おとぼけビ〜バ〜『いてこまヒッツ』(2019)
『Judgment Night: Music From the Motion Picture』(1993)

今週の事々(2019_05_01〜06)

<音楽>

Arthur Verocai『Arthur Verocai』(1972)
Baden Powell E Vinicius de Moraes『Os Afro-Sambas』(1966)
Bennie Maupin『The Jewel in the Lotus』(1974)
Crystal Lake『HELIX』(2018)
Daijo Kaisei『kanka - EP』(2019)
Dick Dale & His Del-Tones『Sufers' Choice』(1962)
Erick Sermon『Vernia』(2019)
The Everly Brothers『A Date With The Everly Brothers』(1960)
Kevin Abstract『ARIZONA BABY』(2019)
LAMP EYE『証言 - EP』(1996)
LEX『LEX DAY GAMES 4』(2019)
Marcelo D2『À Procura da Batida Perfeita』(2003)
ORIGINAL LOVE『belss You!』(2019)
Os Mutantes『Os Mutantes』(1968)
Planet Hemp『Os Cães Ladram Mas A Caravana Não Pára』(1996)
Sada Baby『Bartier Bounty』(2019)
Tajyusaim Boyz『スリルドライブ - EP』(2019)
Toninho Horta『Toninho Horta』(1980)
Toninho Horta e Orquestra Fantasma『Terra Dos Pássaros』(1980)
集団行動『SUPER MUSIC』(2019)
仙人掌『BOY MEETS WORLD - REMIX』(2019)
『Encontro com a Velha Guarda』(1976)

<本>

現代思想2019年5月臨時増刊号 総特集=現代思想43のキーワード』(2019)

今週の事々(2019_04_22〜30)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

Aleksi Perälä『Starlight 3』(2018)
Anonymuz『There Is No Threat』(2019)
Bibio『Ribbons』(2019)
The Black Skirts『Thirsty』(2019)
Boosie Badazz『Badazz 3.5』(2019)
Cartola『Cartola』(1974)
Cartola『Cartola』(1976)
Chico Buarque『Construção』(1971)
Chico Science & Nação Zumbi『Da Lama Ao Caos』(1994)
The Comet Is Coming『Trust in the Lifeforce of the Deep Mystery』(2019)
Cribas『La Hora Diminuta』(2014)
CunninLynguists『Southernunderground』(2003)
DaBaby『Baby On Baby』(2019)
Dinah Washington『What a Diff'rence a Day Makes!』(1959)
Djonga『Ladrão』(2019)
Elis Regina『In London』(1969)
Elis Regina & Antônio Carlos Jobim『Elis & Tom』(1974)
Fat White Family『Serfs Up!』(2019)
Gal E Caetano Veloso『Domingo』(1967)
The Isley Brothers『3+3』(1973)
João Gilberto『João Gilberto』(1973)
Jorge Ben『África Brasil』(1976)
Julian Lynch『Rat's Spit』(2019)
Just-Ice『Back To The Old School』(1986)
Khalid『Free Spirit』(2019)
Lô Borges『A Via-Láctea』(1979)
Loyle Carner『Not Waving, But Drowning』(2019)
MACプラス『フローラルの専門店』(2011)
Marcus D『Melancholy Hopeful』(2012)
Marisa Monte『Memórias, Crônicas E Declarações De Amor』(2000)
NAV『Bad Habits』(2019)
Nelson Cavaquinho, Candeia, Guilherme de Brito y Elton Medeiros『Quatro Grandes Do Samba』(1977)
Pink Floyd『Wish You Were Here』(1975)
PUP『Morbid Stuff』(2019)
Rasheed Chappell『First Brick』(2018)
Rejjie Snow『Dear Annie』(2018)

Rich The Kid『The World Is Yours 2』(2019)

www.youtube.com

やっぱビートが良い作品はいい作品だな、と再確認。メインストリームなヒップホップで久々の良作(おいきれてないものも多いですが)。

Ruth Brown『Rockin' in Rhythm: The Best of Ruth Brown』(1996)
RYUTist『柳都芸妓』(2017)
The Sonny Clark Memorial Quartet『Voodoo』(1986)
T La Rock『Lyrical King』(1987)
Teenage Wrist『Chrome Neon Jesus』(2018)
TSUBAME『THE PRESENT』(2019)
Waka Flocka Flame『Salute Me or Shoot Me 6』(2019)
Wallows『Nothing Happens』(2019)
Warrenisyellow『808Gameboy』(2019)

www.youtube.com

ジャカルタ在住の高校生ラッパー/YouTuberの2枚目(?)。タイトルやジャケットからも伺えるように、ナーディーなトラックやラップが面白い。Earl Sweatshirt、Tyler, the Creator、Frank Ocean、XXXTENTACIONから影響を受けたらしいけど、ほんとそんな感じ。88Rising入りも待ったなし?

Wiz Khalifa『Fly Times Vol.1: The Good Fly Young』(2019)
田我流『Ride On Time』(2019)
『Tropicália Ou Panis Et Circencis』(1968)

<映画>

アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)

www.youtube.com

『インフィニティ・ウォー』から1年、ついにマーベル・シネマティック・ユニバースMCU)シリーズの大きな節目となるこの作品が公開。映画をドラマシリーズのようにつなげていく手法が革新的だっただけではなく、その内容がおしなべて素晴らしかったという点は奇跡。この最終章ではこれまでの作品の全ての環が閉じていく。MCUを愛してきた分だけ楽しめる、宝箱みたいな作品。完璧すぎて今後が心配になってしまうが、まあ大丈夫だろうなという信頼もある。

今週の事々(2019_04_15〜21)

  • Don't Believe The HYPE

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

怒れる頭

怒れる頭

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com

「スーツでやるのが俺のスタイル」みたいな感じで、あくまでオルタナティヴな存在としてシーンに登場しておきながら、結局警察のキャンペーンに登場して一ミリも面白くない、オルタナティヴでもなんでもない「正義」側についてドヤ顔してるの、皮肉でしか無いな。結局彼がやりたかったことはヒップホップシーンにはなかったんだろうし、もともとヒップホップをやりたいなんて思ってなかったんじゃないかとすら思う。まあ、この人はヒップホップなんてやってないんだけど。

結局ラップに何度目かの「ブーム」が来てみたところで、結局DOTAMAとかCreepy Nuts、WHITE JAMみたいな「大人」が使いやすい人たちのところにだけ蜜が流れ込んで、広告代理店やバラエティ芸人が思ったとおりの「ヒップホップ像」みたいなものが強化されただけ。

美しい国、日本」では「洗浄」された文化だけが国民にお届けされるわけだ、とどのつまり。

この国はもっとノイズで満たされるべきなのだが。

<音楽>

Black Thought & Salaam Remi『Streams of Thought, Vol. 2』(2018)
Caetano Veloso『Livro』(1997)
Christian Scott『Ancestral Recall』(2019)
Dwight Trible『Mothership』(2019)
Eddie Cochran『12 of His Biggest Hits』(1960)
Foals『Everything Not Saved Will Be Lost Part 1』(2019)
Freddy Cannon『The Explosive!』(1959)
Grulla『Océano』(2019)
Hei Tanaka『ぼ〜ん』(2019)
The Japanese House『Good at Falling』(2019)
JAZEE MINOR『WOKE UP』(2019)
Jill Scott『Who Is Jill Scott?: Words And Sounds Vol. 1』(2000)
João Gilberto『Chega De Saudade』(1956)
Led Zeppelin『Presence』(1976)
LOOTA『Gradation』(2019)
MANOS『6F』(2019)
MGF『Real Estate』(2019)
Milton Nascimento & Lô Borges『Clube da Esquina』(1972)
DJ Muggs & Eto『Hell's Roof』(2019)
DJ Muggs & Mach-Hommy『Tuez-Les Tous』(2019)
NakamuraEmi『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol. 6』(2019)
Neil Sedaka『The Very Best of Neil Sedaka』(2001)
Os Novos Baianos『Acabou Chorare』(1972)
Nyck Caution『Disguise the Limit』(2016)
PIZZICATO FIVEカップルズ』(1987)
PLASTICS『WELCOME PLASTICS』(1980)
Sonny Clark Trio『Sonny Clark Trio』(1960)
YOSA & TAAR『Modern Disco Tours』(2019)
Zacari『Run Wild Run Free - EP』(2019)
荒井由実『MISSLIM』(1974)
遠藤賢司『満足できるかな』(1971)
金延幸子『み空』(1972)
さとうもか『Merry Go Round』(2019)
鈴木慶一ムーンライダース『火の玉ボーイ』(1976)
原田知世『ルール・ブルー』(2018)
フリクション『軋轢』(1980)
細野晴臣泰安洋行』(1976)

今週の事々(2019_04_08〜14)

<音楽>

Anderson .Paak『Ventura』(2019)
Billie Eilish『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』(2019)
BiSH『STiCKS』(2019)
The Chemical Brothers『No Geography』(2019)
Cru『Da Dirty 30』(1997)
DJ OKAWARI & Celeina Ann『Nightfall』(2019)
Dreezy『Big Dreez』(2019)
ELRIS『Color Crush - EP』(2017)
EPIK HIGH『Sleepless in __________』(2019)
Fat Boys『Fat Boys』(1984)
Helado Negro『This Is How You Smile』(2019)
Kobacchi Ryo『Smooth Louis』(2019)
Kvi Baba『19 - EP』(2019)
Lion Babe『Cosmic Wind』(2019)
Lowkey『Soundtrack to the Struggle 2』(2019)
MaisonDe『M8』(2019)
Maxo『Lil Big Man』(2019)
Milt Jackson & Ray Charles『Soul Brothers / Soul Meeting』(1958 / 1961)
PhewPhew』(1981)
Ray CharlesRay Charles』(1957)
Ray Charles『What I'd Say』(1959)
Salt 'n' Pepa『Hot, Cool, Vicious』(1986)
Shlohmo『The End』(2019)
S.L.A.C.K.『WHALABOUT』(2009)
Sobs『Talltale Signs』(2018)
THE STALIN『STOP JAP』(1982)
Suchmos『THE ANYMAL』(2019)
T. Rex『The Slider』(1972)
Whodini『Escape』(1984)
Zheani『The Line』(2019)
Ziminino『Ziminino』(2019)
大滝詠一大滝詠一』(1972)
カーネーション『LIVING / LOVING』(2003)
くるり『TEAM ROCK』(2001)
サニーデイ・サービス『東京』(1996)
ザ・タイマーズTHE TIMERS』(1989)
日向坂46『キュン』(2019)
フィッシュマンズ『宇宙 日本 世田谷』(1997)
ボアダムス『スーパー・アー』(1998)
矢野顕子『JAPANESE GIRL』(1976)
山下達郎『SPACY』(1977)
ゆらゆら帝国『空洞です』(2007)

<書籍>

佐木隆三『なぜ家族は殺し合ったのか』(2005)
井狩春男『返品のない月曜日 ボクの取次日記』(1989)

<映画>

キャプテン・マーベル』(2019)

www.youtube.com

映画公開前にオルト・ライト層による「smile more backlash(=もっと笑ったほうがいいキャンペーン)」の標的にされ、Rotten TomatoesやIMDbなどにネガティヴなレヴューやボイコットを呼びかける投稿が殺到したこの作品。でも作品の内容はそんな馬鹿げた騒動に真正面から中指を突き立てるもので、本当に素晴らしいとしか言いようがない(実際に劇中でも「笑えよ」みたいなことを言われるシーンがあったりもする)。

宇宙人が地球を「shithole」だと言い、母星を失った異星人の難民たちを助けるという、とにかくトランプ政権下のアメリカを反映した内容にはさすが、と脱帽するばかり。

中盤で自分が知らされていなかったある重大な「嘘」を知り、自分のアイデンティティを見失う主人公。「私は一体誰?」と問いかける主人公に、「あなたはキャロル・ダンヴァース。私の友達」と言い切ってみせる親友マリア・ランボー

これとかなり似通った場面が『グリーンブック』の中にもある。黒人でピアニストながらクラシックを学び、白人の聴衆を相手に演奏するシャーリー。加えて同性愛者でもある彼は、「黒人でも、白人でも、男でもない。俺は一体誰なんだ?」と用心棒トニーに問いかける。この場面でトニーはただ言葉を失い、彼を見つめ返すだけである。でも映画を最後まで見れば、『キャプテン・マーベル』と同じメッセージを読み取ることは容易である。

アイデンティティとは、その人が何をしたのか、何を目指すのか、誰といるのか。それは誰かに押し付けられるものでも、ましてや出生証明書に書いてあるものでもない。

今週の事々(2019_04_01〜07)

<音楽>

A1 Laflare『Phase 1』(2019)
A$AP Tyy『Project Rockstar』(2019)
Astronoid『Astronoid』(2019)
THE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS』(1987)
Bo Diddley『Bo Diddley』(1958)
Connie Francis『The Very Best of Connie Francis』(1963)
Curren$y & Wiz Khalifa『2009』(2019)
CHAI『PINK』(2017)
Charles MingusCharles Mingus Presents Charles Mingus』(1961)
Charles Mingus『Mingus Mingus Mingus Mingus Mingus』(1964)
Charles Mingus『Town Hall Concert 1964, Vol. 1』(1964)
Dion & The Belmonts『Presenting Dion & The Belmonts』(1959)
emxxlli『Flashbulbs! - EP』(2019)
Eva Celia『And So It Begins』(2016)
Futuristic Sweaver『F Is Friends』(2019)
Gym And Swim『SeaSick』(2016)
James Brown『Revolution of the Mind』(1971)
James Brown『The Payback』(1973)
Janet Jackson『Damita Jo』(2004)
Led Zeppelin『Houses of the Holy』(1973)
Logic『Supermarket』(2019)
Lil West『Vex Part 1』(2019)
Matt OX『OX』(2018)
Mondo Gascaro『Rajakelana』(2016)
Neetz『Figure Chord』(2019)
Quelle Chris『Guns』(2019)
Pedro Martins『Vox』(2019)
Power DNA『Ann Tape.1 - EP』(2019)
Rei Harakami『Red Curb』(2001)
Ritchie Valens『Ritchie Valens』(1959)
Taeyoung Boy『HOWL OF YOUNGTIMZ』(2019)
Tisakorean『A Guide To Being A Partying Freshman』(2019)
Triad God『Triad』(2019)
Yackle『FRANK THROW』(2019)
2 Chainz『Rap or Go to the League』(2019)
アナ『時間旅行 - EP』(2019)
荒田洸『Persona. - EP』(2018)
遠藤賢司『東京ワッショイ』(1979)
大貫妙子『SUNSHOWER』(1977)
餓鬼レンジャーティンカーベルネバーランドの妖精たち〜』(2019)
喜納昌吉&チャンプルーズ『喜納昌吉&チャンプルーズ』(1977)
君島大空『午後の反射光 - EP』(2019)
坂本慎太郎『幻とのつきあい方』(2011)
私立恵比寿中学『MUSiC』(2019)
砂原良徳『LOVEBEAT』(2001)
ドゥーピーズ『Doopee Time』(1995)
フリッパーズ・ギター『ヘッド博士の世界塔』(1991)
山下達郎『FOR YOU』(1982)
ユニコーン『UC100V』(2019)

<映画>

『グリーンブック』(2018)
『ブラック・クランズマン』(2018)

www.youtube.com

休日の昼間に映画館に行ったのが久々だったというのもあるけど、それでもすごいお客さんが入っててびっくり。やっぱスパイク・リーともなるとこうなるのか。去年の『私はあなたのニグロではない』はガラガラだったのに。

でも満員の劇場で見ただけあって、電話で騙すパートなどの「普通に笑える」部分と、ふとした瞬間に訪れる「いや、これは笑えないぞ・・・」という部分の空気が変わる感じが味わえたのはヒリヒリした。そして最後のシーンでは会場全体が緊張感に包まれて、変な汗が止まらなくなってしまった。

もちろん『グリーンブック』も相当いい映画で、そういう伝え方もあると思うんだけど、これを見てしまうと「生暖かいな」とすら思えてしまう。それほどの殺気がみなぎっている映画。