なんでもかんでもはむり

書きたいものだけ書く。音楽、映画、本がメイン。

今週の事々(2019_07_16〜21)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

AaliyahAaliyah』(2001)
Asian Da Brat『UNFUCCWITABLE』(2019)
Bad Books『III』(2019)
Bolbbalgan4『Red Planet』(2016)
DJ MOTORA『N.G.S.F.』(2019)
EPMD『Business Never Personal』(1992)
Flying Lotus『Cosmogramma』(2010)
Foreign Legion『Kidnapper Van: Beats to Rock While Bike-Stealin'』(2000)
Full Of Hell『Weeping Choir』(2019)
Jefferson Airplane『Surrealistic Pillow』(1967)
KZ『CASK』(2019)
Mahlathini And The Mahotella Queens『Thokozile』(1987)
Mark de Clive-Lowe『Heritage』(2019)
Marley Marl『In Control, Volume 1』(1988)
Mega Bog『Dolphine』(2019)
Mistah F.A.B.『Hella Ratchet 2』(2019)
Nadia Tehran『Dozakh: All Lovers Hell』(2019)
Nicolas Jaar『Space Is Only Noise』(2011)
No Name's『CLUTCH - EP』(2019)
Oliver Hart『The Many Faces of Oliver Hart』(2002)
Omar Apollo『Friends』(2019)
The OrbThe Orb's Adventures Beyond the Ultraworld』(1991)
Pell『Floating While Dreaming』(2014)
Periphery『Periphery IV: HAIL STAN』(2019)
Red Velvet『'The ReVe Festival' Day 1』(2019)
Sheek Loach『Beast Mode, Vol. 3』(2019)
Snarky Puppy『Immigrance』(2019)
Twista『Summer 96』(2019)
Waste Of Space『Orchestra Syntheosis』(2019)
The Young Rascals『Groovin'』(1967)
Zoey Dollaz『Last Year Being Humble』(2019)
角松敏生東京少年少女 - EP』(2019)
小杉武久『CATCH-WAVE』(1975)
ザ・ゴールデン・カップスザ・ゴールデン・カップス・アルバム』(1968)
のん『ベビーフェイス』(2019)
『The Soul of Mbira: Traditions of the Shona People』(2002)

今週の事々(2019_07_08〜14)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

Aby Ngana Diop『Liital』(1994)
AKLO + NORIKIYO『New Drug』(2019)
Bill Callahan『Shepherd in a Seepskin Vest』(2019)
BiSH『CARROTS and STiCKS』(2019)
Carla Bley & Steve Swallow『Go Together』(1992)
chemicl『ラブな感じ』(2019)
Chris Brown『Indigo』(2019)
CHUCKIE & GREEN ASSASSIN DOLLAR『テキトーILL』(2019)
Defari x DirtyDiggs『Every $tep』(2019)
Earth, Wind & Fire『All 'n All』(1977)
FLEUR『FLEUR - EP』(2019)
Future『SAVE ME』(2019)
Hook『Bully』(2019)
Ikhwani Safaa Musical Club『Taarab 2: The Music of Zanzibar』(1988)
Istopher『Dreams』(2019)
Jaden『ERYS』(2019)
Jimmy Giuffre『JImmy Giuffre 3』(1957)
Jimmy Giuffre 3『1961』(1992)
J∅SH™『Self Destruct W/Me』(2019)
Judiciary『Surface Noise』(2019)
Kasai Allstars『In the 7th Moon, the Chief Turned Into a Swimming Fish and Ate the Head of His Enemy by Magic』(2008)
Khruangbin『Con Todo El Mundo』(2018)
Maison book girl『SOUP』(2019)
Matt Rand『Random Life』(2019)
The Miracles『Hi! We're The Miracles』(1961)
MIYACHI『WAKARIMASEN』(2019)
Richard Bona『Bonafied』(2013)
Sigur Rós『Ágætis byrjun』(1999)
Smokey Robinson & The Miracles『Going to a Go-Go』(1965)
xiangyu『はじめての〇〇図鑑』(2019)
Yes『The Yes Album』(1971)
Yes『Going for the One』(1977)
2814『Lost Fragments』(2019)

<映画>

湯山邦彦/榊原幹典『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』(2019)

<書籍>

ユリイカ 1998年5月号 特集:文字』(1998)

今週の事々(2019_07_01〜07)

  • 投票、行こう

soundcloud.com

www.youtube.com

www.youtube.com

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

BASI『切愛』(2019)
Buffalo SpringfieldBuffalo Springfield Again』(1967)
Cate Le Bon『Reward』(2019)
Curren$y & Statik Selektah『Gran Turismo』(2019)
Deep Purple『Burn』(1974)
DUCKWRTH『The Falling Man』(2019)
Eearz『Missing ElemEent』(2019)
EminemSlim Shady EP』(1997)
EXILE SHOKICHI『1114』(2019)
Freddie Gibbs & Madlib『Bandana』(2019)
Gucci Mane『Delusions of Grandeur』(2019)
IO『Player's Ballad』(2019)
IQ『月と太陽』(2019)
J Balvin & Bad Bunny『Oasis』(2019)
JayDaYoungan & Yungeen Ace『Can't Speak on It』(2019)
Jordan Rakei『Origin』(2019)
Juan Fermín Ferraris『35mm』(2019)
KEY!『SO EMOTIONAL』(2019)
Liniker e os Caramelows『Goela Abaixo』(2019)
Mahmoud Ahmed『Ere Mela Mela』(1975)
MED & Guilty Simpson『Child of the Jungle』(2019)
MIKE『Tears of Joy』(2019)

www.youtube.com

昨年12月リリースの『War in My Pen』も素晴らしかったブロンクスのラッパーの新作ミクステ。亡くなった母親に捧げられた作品で、自身のプロデュースによる非常で美しくもアブストラクトなトラックが心地よい。

PAELLAS『sequential souls』(2019)
Papa Wemba『Papa Wemba』(1988)
Pell『Gravity』(2019)

www.youtube.com

過去作は聴いたことなかったんだけど、一聴で気に入りました。絶対シカゴだろと思ったらニューオリンズ。でもハリケーンカトリーナの影響でミシシッピのジャクソンに引っ越し、そこで友達をつくるためにビート作りを始めたというなんとも泣ける話。

Pressa『Prestige』(2019)
Room306『Layer』(2018)
Super Biton de Ségou『Afro Jazz du Mali』(1986)
Thomas Mapfumo『Chamunorwa』(1989)
Tiwa Savage『R.E.D』(2016)
The Velvet UndergroundThe Velvet Underground & Nico』(1967)
The Velvet Underground『White Light/White Heat』(1968)
Woop『Woop Lingo 2』(2019)
YOSHI『SEX IS LIFE』(2019)

www.youtube.com

16歳でモデルも俳優もこなすすごい人。スター性の塊。YouTubeのコメント欄も英語コメントが多くていい感じ。トラップ・メタル調の「CHERRY BOY」もよい。

サカナクション『834.194』(2019)
崇勲『素通り』(2019)
スカート『トワイライト』(2019)
高石友也『想い出の赤いヤッケ 高石友也フォーク・アルバム』(1967)
竹村延和『Child & Magic』(1997)
フォーク・クルセイダース『ハレンチ』(1967)
向井太一『27』(2019)
優河『めぐる』(2019)

<映画>

ジョン・ワッツスパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)

www.youtube.com

一つの巨大な物語に終止符を打った前作『アヴェンジャーズ:エンドゲーム』に続く、MCUシリーズ・フェイズ3の最終作。

巨大なフィクションを作り上げ、それを物語として提示し、幻想で民衆の心を欺く。今回の敵・ミステリオは今のインターネット空間にはびこるフェイクニュース、ひいてはトランプや安倍政権のような「独裁者」の姿とも被ってくる。もう何度目になるかもわからないが、「さすが」という賛辞を。

クー・エンヨウ『影のない世界』(2011)

東京外国語大学不定期で開催している一般公開の映画上映会『TUFS Cinema』にて鑑賞(在学中にも参加しておけばよかった・・・)。

マレーシア・クランタン州の影絵芝居ワヤン・クリの演者たちを追ったドキュメンタリー。州政府により州内の上映が実質的に禁止されながらも、上演を続ける彼らの姿を見つめる。(パンフレットより抜粋)

イスラム系政党の州政府によって「偶像崇拝である」とされ、上映を禁止されたワヤン・クリ。人形師や伴奏者たちの厳しい生活のなかに挟み込まれる人形劇のシーンが美しい。

今週の事々(2019_06_24〜30)

  • 音楽とアーカイヴ

Apple Musicを使い始めてそろそろ(多分)5年くらいになるのだけれど、ライブラリに追加できる上限があることを今週初めて知った。ライブラリに追加できるのは10万曲まで。

ぼくは聴きたいアルバム(特に新譜)とかは基本的にあらかじめiPhoneにダウンロードしておく派なので、ライブラリへの追加は避けられない。だから自ずとライブラリ内の楽曲は増えていく一方なのだけれど、今回その上限にあたってしまったので、これからは定期的に楽曲をライブラリから削除していかないといけないのか、と思い結構萎えた。

Spotifyの1万曲よりはかなり恵まれた環境とはいえるものの(Apple Musicも2016年まで2万5000曲が上限だった模様)、それでも上限があること自体にちょっと「え?」と思ってしまった。クラウド上でもスペースのやりくりをしなきゃいけないんですか?

 

フレデリック・ワイズマン『ニューヨーク公共図書館』を見てから、音楽とアーカイヴの関係に関心が湧いてきた。

www.theverge.com

この記事がとても面白くて、要はクレジット等のメタデータが結構めちゃくちゃなことになっていて、それによって金銭的損失を被っているミュージシャンや作曲家とかもいますよ、みたいな内容。一つの統一されたプラットフォームみたいなのもないし、プラットフォームごとに表記の形式も異なる、と(これは先日話題になっていた「Apple Musicですべて大文字の表記やひらがな/カタカナ/英語混合の表記が認められなくなるかも?」みたいな話にもつながってくると思う)。結局そういうアーカイヴはDiscogsなんかでリスナーたちがボランティアとしてデータベースを作っていっているわけで、信頼性にも問題があるっちゃあるし、ほんとに無名なものは記録が残りづらく公平でもないし、何よりもアーカイヴに何よりも不可欠な永続性が担保されていない。

 

www.tbsradio.jp

この回も面白かった。やっぱりアーカイヴすることは重要!しかし書物やマンガとは違って本質的には無形の音楽をどうアーカイヴしていくのか、というかそもそも音楽って無形なのか、じゃあアートワークとかはどうなるの・・・とかいろいろ思う。

amass.jp

だからこれも悲しいニュース。何よりもそれを隠していたっていうのが問題だけどね。

 

『ニューヨーク公共図書館』の話に戻ると、写真のアーカイヴの担当者のおじさんがコレクションについて説明しているところが本当に可愛らしかった。自分の仕事にすごく誇りを持って働いているんだろうなあ、というの感じられてなんとも素敵なシーンだった。そういう人材を育てていくことが重要、というかそういうことの重要性を理解する人が増えるのが重要?

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

Bembaya Jazz National『Hommage à Demba Camara』(1996)
Biz Markie『Goin' Off』(1988)
Biz Markie『All Sample Cleared!』(1993)
Bon Iver『22, a Million』(2016)
BTS『Map of the Soul: Persona』(2019)
Chiwoniso『Rebel Woman』(2008)
Diamond D『The Diam Piece 2』(2019)
DOGMA x LORD 8ERZ『DROPOUT SIDING』(2019)
Elzhi『Elmatic』(2011)
Father John Misty『Pure Comedy』(2017)
GoldLink『Diaspora』(2019)
Injury Reserve『Drive It Like It's Stolen』(2017)
KREVA『成長の記録〜全曲バンドで録り直し〜』(2019)
Lewis Capaldi『Divinely Uninspired to a Hellish Extent』(2019)
Mannequin Pussy『Patience』(2019)
MC Shan『Down By Law』(1987)
Moneybagg Yo『43VA HEARTLESS』(2019)
Mory Kanté『Akwaba Beach』(1987)
Neutral Milk Hotel『On Avery Island』(1996)
NORIKIYO『Outlet Blues』(2008)
Odunsi (The Engine)『rare.』(2019)
Philip Bailey『Love Will Find a Way』(2019)
Ryan Porter『Force for Good』(2019)
Sandro Perri『Impossible Spaces』(2011)
Scarlxrd『INFINITY』(2019)
Shafiq Husayn『The Loop』(2019)
Sleeper And Snake『Junction and High』(2019)
Sory Kandia Kouyaté『La Voix De la Révolution』(2012)
Teitur『Story Music』(2013)
Tyga『Legendary』(2019)
Vingo, Bark & G-k.i.d『REDRUM』(2019)
Youssou N'Dour et le Super Étoile de Dakar『Immigrés / Bitim rew』(1984)
ドレスコーズ『ジャズ』

<映画>

ジョン・チュウ『クレイジー・リッチ!』(2018)

今週の事々(2019_06_17〜23)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

Baroness『Gold & Grey』(2019)
Bill Evans『Brandeis Jazz Festival』(1957)
blent.『Loves』(2019)
Brad Mehldau『Finding Gabriel』(2019)
Death Grips『Year of the Snitch』(2018)
Denzel Curry『ZUU』(2019)
DJ KANJI『THE LIFE』(2019)
Fela Anikulapo Kuti & Africa 70『Zombie』(1977)
George Russell『Ezz-thetics』(1961)
Hit-Boy & SOB x RBE『Family Not a Group』(2019)
Jacike Wilson『Golden Best』(2014)
Jamila Woods『Legacy! Legacy!』(2019)
King Ayisoba『Wicked Leaders』(2014)
Manu Dibango『Afrovision』(1978)
Miles Davis『Miles in Berlin』(1965)
mosaic404『O.K.I boombap』(2018)
Mulatu Astatke『Éthiopiques 4: Ethio Jazz & Musique Instrumentale 1969-1974』(1998)
NoCap『The Backend Child』(2019)
OZworld a.k.a. R'kuma『OZWORLD』(2019)
La Parsifónica『Niña Salvaje』(2018)
Payung Teduh『Ruang Tunggu』(2017)
Polo G『Die a Legend』(2019)
¿Que Vola?『¿Que Vola?』(2019)
Rhye『Spirit』(2019)
Rufus Wainwright『Poses』(2001)
Santi『Mandy & The Jungle』
Sir Victor Uwaifo『Guitar-Boy Superstar 1970-76』(2008)
Skepta『Ignorance Is Bliss』(2019)
Smokepurpp『Lost Planet』(2019)
Sufjan Stevens『Michigan』(2003)
Vegyn『Text While Driving If You Want to Meet God!』(2019)
YBS Skola『Truth』(2019)
Yes『Relayer』(1974)
Young zetton『イキモノ - EP』(2019)
Youssou N'Dour『Set』(1990)
ずっと真夜中でいいのに。『今は今で誓いは笑みで』(2019)
姫乃たま『パノラマ街道まっしぐら』(2019)
ゆるふわギャング&Ryan Hemsworth『Circus Circus』(2019)

<書籍>

ユリイカ 2019年6月臨時増刊号 総特集=書店の未来 本を愛するすべての人に 青土社』(2019)
篠原章『日本ロック雑誌クロニクル』(2005)

今週の事々(2019_06_10〜16)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

Afro Parker『Which date suits best?』(2019)
Angel Bat Dawid『The Oracle』(2019)
Antony and the Johnsons『I Am a Bird Now』(2005)
Beirut『Gulag Orkestar』(2006)
Bill Laurance『Cables』(2019)
Bon Iver『For Emma, Foreer Ago』(2007)
Carl Stone『Baroo』(2019)
Curly Giraffe『A Taste Of Dream』(2019)
Curren$y & LNDN DRGS『Umbrella Symphony』(2019)
Deep Purple『Made In Japan』(1972)
Deniro Farrar『Re-Up』(2019)
Diabolic & Vanderslice『Collusion』(2019)
Dr. Yen Lo『Days With Dr. Yen Lo』(2015)
The Dynospectrum『The Dynospectrum』(1998)
Efrim Manuel Menuck & Kevin Doris『are SING SINCK, SING』(2019)
Eligh『Poltergeist』(2003)
Eric B. & Rakim『Let the Rhythm Hit 'Em』(1990)
GLOWORM『Out of Bloom』(2019)
G-YARD『纏』(2019)
JayDaYoungan『Endless Pain』(2019)
Jim O'Rourke『Insignificance』(2001)
Jon Brion『Meaningless』(2001)
Keishi Tanaka『BREATH』(2019)
Leonard Cohen『You Want It Darker』(2016)
Léonore Boulanger『Practice Chanter』(2019)
LITE『Multiple』(2019)
Loudon Wainwright III『Older Than My Old Man Now』(2012)
Mount Eerie『A Crow Looked At Me』(2017)
Pax『Because We're Old』(2018)
Roky Erickson『Never Say Goodbye』(1998)
Ron Sexsmith『Cobblestone Runway』(2002)
rowbai『CHARCOAL』(2019)
SHIZOO『S.H.I.Z.O.O - EP』(2005)
S.L.A.C.K.『My Space』(2009)
slowthai『Nothing Great About Great Britain』(2019)
Tee Grizzley『Scriptures』(2019)
THREE1989『KISS』(2019)
荒木一郎『ある若者の歌』(1966)
ザ・スパイダースザ・スパイダース・ファースト・アルバム』(1966)
空音『Mr. mind - EP』(2019)
10k.Caash『The Creator』(2019)
70th Street Carlos『Win or Lose』(2019)

 

今週の事々(2019_06_03〜06_09)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

Amy Winehouse『Back to Black』(2006)
Andy Shauf『The Party』(2016)
Arlo Parks『Super Sad Generation』(2019)
Beast Coast『Escape From New York』(2019)
BLACKPINK『Kill This Love - EP』(2019)
Bob Dylan『Bringing It All Back Home』(1965)
Booker LittleBooker Little』(1960)
The Byrds『Mr. Tambourine Man』(1965)
Carly Rae Jepsen『Dedicated』(2019)
Courtney Barnett『Sometimes I Sit and Think, and Sometimes I Just Sit』(2015)
Deep PurpleDeep Purple In Rock』(1970)
Destrage『The Chosen One』(2019)
Diplo『Higher Ground - EP』(2019)
DJ Khaled『Father of Asahd』(2019)
Earth, Wind & Fire『That's the Way of the World』(1975)
Eric Dolphy『At the Five Spot, Vol. 1』(1961)
Fats Domino『The Fats Domino Jukebox: 20 Greatest Hits』(2002)
Injury Reserve『Live From the Dentist Office』(2015)
Injury Reserve『Floss』(2016)
Injury Reserve『Injury Reserve』(2019)

www.youtube.com

「Your engine go "Vroom"/ and my engine go (silence)」というAminéのパンチラインがとにかく強烈。2020年代はやっぱテスラに乗ってないとクールじゃないのかも。「Make the auto-pilot do a donut」ってのもいいね。未来だ!

Jay Mitta『Tatizo Pesa』(2019)
Juto『Velvet』(2019)
Joy Division『Closer』(1980)
Laura Marling『Once I Was an Eagle』(2013)
Leon Fanourakis『CHIMAIRA』(2019)
Mac Demarco『Salad Days』(2014)
majiko『COLOR - EP』(2019)
Masego『Lady Lady』(2018)
Mom『Detox』(2019)
Nai Palm『Needle Paw』(2017)
The National『I Am Easy To Find』(2019)
Neil Young『Prairie Wind』(2005)
NORIKIYO『EXIT』(2007)
Nubiyan Twist『Jungle Run』(2019)
Old Paradice『The Last Resort - EP』(2019)
Olivia Chaney『Shelter』(2018)
Pavement『Terror Twilight』(1999)
Pixx『Small Mercies』(2019)
PnB Rock『Trapstar Trunt Popstar』(2019)
Randy Newman『Harps and Angels』(2008)
RICCHO『RICCHO』(2019)
Rufus Wainwright『Want Two』(2004)
Sam Amidon『I See the Sign』(2010)
Sam Gendel『4444』(2017)
Sampha『Process』(2017)
SANTAWORLDVIEW『What just happened?』(2019)
SIRUP『Feel Good』(2019)
Stray Cats『40』(2019)
Sunn O)))『Life Metal』(2019)
Twiztid『Generation Nightmare』(2019)
Woody『Shaw The Iron Men』(1981)
Yes『Tales From Topographic Ocean』(1973)
加山雄三加山雄三のすべて: ザ・ランチャーズとともに』(1966)
加山雄三とザ・ランチャーズ『恋は紅いバラ』(1966)
さなり『SICKSTEEN』(2019)
パスピエ『More Humor』(2019)
マイク真木『バラが咲いた - マイク眞木 フォークアルバム』(1966)
ゆらゆら帝国『3×3×3』(1998)
18 Carat Affair『Spent Passions 2』(2019)
1983『渚にきこえて』(2019)

<映画>

フレデリック・ワイズマン『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』(2017)

www.youtube.com

映画館で休憩がある映画を見たのは初めてだった。寝不足&空腹という最悪の条件下で鑑賞したのだけれど、圧倒的な知の集積のスケールと、信じられないほどに広範な活動内容、そしてそれらの活動に通底する美しい理念に圧倒され、じっと食い入る様に見た。そして映画の中でマグロウヒル社の教科書問題(黒人奴隷を「労働のための移民」と表現した)に触れられていたのだけれど、その名前が『主戦場』にも出てきて、ワイズマンの「図らずもトランプ氏が反対しているもの全てを体現する映画になった」というコメントがより一層説得力を増した。

スパイク・リードゥ・ザ・ライト・シング』(1989)
ミキ・デザキ『主戦場』(2019)

www.youtube.com

映画は衝撃的で、時に痛快で、時に涙がでるほど醜悪で、頭が潰れそうになるほど濃密な2時間だった。でもこの作品が都心の小さい劇場での公開で終わっては意味がなくて、全国の劇場で上映され、社会現象にならなければならない。