なんでもかんでもはむり

書きたいものだけ書く。音楽、映画、本がメイン。

今週の事々(2019_11_11〜17)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

...And You Will Know Us by the Trail of Dead『Madonna』(1999)
Andy Stott『It Should Be Us』(2019)

BAD HOP『Lift Off - EP』(2019)

www.youtube.com

圧倒的速さで国内を制覇した彼らが向かう先は、もちろん世界。しかし彼らはいつものように周囲の想像の2倍、3倍の事を平気で仕掛けてくる。Apple Musicの代表ラリー・ジャクソンがライブを見て話を持ちかけた、ということらしいが、Appleから直々にお金が出てると考えるとこの規模感も納得(だからSpotifyなどでは配信がない)。

サブスクリプション・サーヴィスが音楽の制作にガッツリ関わっていることはこのスレッドでも言及したのだが、結構諸刃の刃ではないかと思っている。

でも、メジャー・レーベルが音楽にきちんと向き合ってくれていないこの国ではこういう存在はありがたいし、インディペンデントで活動しているアーティストにとってはこの上なく魅力的な話。

次はfeat. Quavoのリミックスですかね・・・映画『ハッスル&フロウ』みたいなことにはならなきゃいいけど。

Billy Laurent『YELLOW MOON - EP』(2019)
Billy Laurent『RED MOON - EP』(2019)
Casanova『Behind These Scars』(2019)
The Comet Is Coming『The Afterlife』(2019)
Danny Wolf『Night of the Wolf』(2019)
Deadguy『Fixation On A Coworker』(1995)
Deli Girls『I Don't Know How To Be Happy』(2019)
DJ Newtown『West Members』(2019)
Dreaming of Screaming『Dreaming of Screaming - EP』(2019)
the engy『Talking about a Talk』(2019)
euro『Don't Expect Nothing』(2019)
Gallant『Sweet Insomnia』(2019)
Headie One『Music x Road』(2019)
Incognito『Tomorrow's New Dream』(2019)
Itasca『Spring』(2019)
Jenny Lewis『The Voyager』(2014)
José Antonio Méndez『Canta Solo Para Enamorados』(2012)
Kainalu『Lotus Gate』(2019)
Kevin Gates『I'm Him』(2019)
Kindness『Something Like a War』(2019)
KOWICHI『YOMIURI』(2019)
Lady Gaga『The Fame Monster』(2009)
Latin Playboys『Latin Playboys』(2019)
LNDN DRGS『Affiliated』(2019)
Lucki『Days B4 III』(2019)
Madison Cunningham『Who Are You Now』(2019)
m-flo『KYO』(2019)
Mac DeMarco『2』(2012)
Mica Levi『Under the Skin』(2014)
Mini All Stars『Pure Gold』(1980)
Mozzy Fake『Famous』(2017)
NF Zessho x Aru-2『AKIRA』(2019)
Oscar Peterson『Romance』(1952)
Oscar Peterson『Exclusively for My Friends: Action, Vol. 1』(1968)
Polyester the Saint『For the Player in You』(2014)
Purple Mountains『Purple Mountains』(2019)
Ray Bryant『Alone at Montreux』(1972)
Richard Dawson『2020』(2019)
ROTH BART BARON『けものたちの名前』(2019)
Scarlxrd『IMMXRTALISATIXN』(2019)
Snoh Aalegra『- Ugh, those feels again』(2019)
Sosamann『Trap Sauce: The Album』(2019)
Tabou Combo de Pétion-Ville『New York City』(1975)
Tade Dust & Bonbero『Smooth Criminal - EP』(2019)
Tito Puente and His Orchestra『Dance Mania』(1958)
Turunesh『Coastal Cider』(2019)
Ty Segall『First Taste』(2019)
uami『Composition baby exercise book (five)』(2019)
Victor Jara『El Derecho De Vivir En Paz』(1971)

Wynne『If I May...』(2019)

www.youtube.com

ポートランド出身、白人女性ラッパー。東海岸サウンドに影響を受けたと思われるガツガツとしたライミングが気持ちいい。地元ポートランドで毎週開かれているパーティの名を冠した“The Thesis”には地元の生きのいいラッパーが集合。Aminéに続いてどんどん才能が出てくるホットスポットになるか・・・?

Yungeen Ace『Step Harder』(2019)

www.youtube.com

シカゴ生まれ、フロリダ育ちの20歳。一回お勤めのためにキャリアを中断し、去年には3人が死亡した銃撃事件に巻き込まれ、親友と兄弟を失ったりと、結構壮絶な人生を送っている。今年に入りはじめてのツアーに出るなど、活動に勢いがついてきている。来年あたり爆発するかも。

小沢健二『So Kakkoii 宇宙』(2019)
長谷川白紙『エアにに』(2019)
21 Savage / Metro Boomin『Savage Mode』(2016)

今週の事々(2019_11_05〜10)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

BABYMETAL『Metal Galaxy』(2019)

www.youtube.com

通常、メタルという音楽はオーディエンスだけを踊らせればいいだけなのに対し、BABYMETALはオーディエンスはもちろん、2人(ステージ上では3人)のメンバーを踊らせ、それ自体ショウとして成立させなければならないので、リズムに対するチャレンジが果敢になるのは当然の帰結とも言える。

純メタル的なサウンドを突き進んだ(突き進んでいた気がする、あまり覚えてないが)前作に対し、今作はオリエンタルな要素もところどころにまぶしてある。それは残ってる引き出しが少なくなってきていることの現れかもしれないが、全くの杞憂かもしれない。

Black Sabbath『Sabbath Bloody Sabbath』(1973)
Black Sabbath『Heaven and Hell』(1980)
Blood, Sweat & Tears『Blood, Sweat & Tears』(1969)
Buena Bista Social Club『Buena Bista Social Club』(1997)
Crosby, Stills, Nash & Young『Déjà vu』(1970)
dead prez『Let's Get Free』(2000)
Earl Sweatshirt『Feet of Clay』(2019)
Eyehategod『Take as Needed for Pain』(1993)
Harry Nilsson『Harry』(1969)
Jarina de Marco『Malcriada』(2019)
Klein『Lifetime』(2019)
Koba LaD『L’Affranchi』(2019)
Lil Dude『Sorry 4 the Sleep 2』(2019)
Lil Zay Osama『Hood Bible』(2019)
No One Knows What the Dead Think『No One Knows What the Dead Think』(2019)
M83『DSVII』(2019)
Mighty Sparrow『Hot and Sweet』(1974)
Old Grape God『Time Travel 444 Mixtape, Vol. 10』(2019)

www.youtube.compo-

こないだ出たToro Y Moiのミクステに2曲で参加していたポートランドのラッパー。ビートメイクもしてそうな雰囲気だけど、何しろ詳細は不明。何やら今年は毎月ミックステープをリリースしているみたいで、これはそのシリーズの最新作。インディーでローファイな雰囲気。にしてもTwitterで検索しても全然ヒットしないし、YouTubeは1000回再生以下ばっかりだし、Toro Y Moiにフックアップされてもこんなものなのか・・・?

Pallbearer『Foundation of Burden』(2014)
RYKEY X BADSAIKUSH『MARY JANE - EP』(2019)
Septeto Nacional de Ingacio Pineiro『Sones de mi Habana』(1957)
Simon & Garfunkel『Bridge Over Troubled Water』(1970)
Sleigh Bells『Treats』(2010)
¥ellow Bucks『Excuse Me - EP』(2019)
崎谷健次郎『Realism』(1988)
南野陽子『VIRGINAL』(1986)
雪村いづみ『スーパー・ジェネレイション』(1974)

<映画>

ギャスパー・ノエ『CLIMAX クライマックス』(2018)

今週の事々(2019_10_28〜11_04)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

Battles『Juice B Crypts』(2019)
Beabadoobee『Space Cadet』(2019)
Big Thief『U.F.O.F.』(2019)
Big Thief『Two Hands』(2019)
Black Moon『Rise of da Moon』(2019)
The Blanko『Stimulation Paradise』(2019)
Caterina Barbieri『Ecstatic Computation』(2019)
Cortijo y Su Combo & Ismael Rivera『Cortijo en New York』(1958)
Daniel Caesar『Case Study 01』(2019)
Diät『Positive Disintegration』(2019)
EearthGang『Mirrorland』(2019)
Eric Bellinger『Saved by the Bellinger』(2019)
Faye Webster『Atlanta Millionaires Club』(2019)
Germs『(GI)』(1979)
Gnar『Fire Hazard』(2019)
Gucci Mane『Woptober II』(2019)
Hop Along『Painted Shut』(2015)
IDK『Is He Real?』(2019)
Illogic『Celestial Clockwork』(2004)
Jay Som『Everybody Works』(2017)
Jaydayoungan『Misunderstood』(2019)
Julianna Barwick『The Magic Place』(2011)
Kemba『Glida』(2019)
Kim Gordon『No Home Record』(2019)
Kraak & Smaak『Pleasure Centre』(2019)
Lana Del Rey『Norman Fucking Rockwell!』(2019)
Larry June『Out the Trunk』(2019)
Lil Tecca『We Love You Tecca』(2019)
Lucky Daye『Painted』(2019)
Marcelo Costa『Vol. 1』(2019)
Meek Mill『Dreamchasers 2』(2012)
Michael Christmas『Baggy Eyes 2』(2019)
Mighty Sparrow『Volume One』(1992)
Omara Portuondo『Buena Vista Social Club Presents: Omara Portuondo』(2000)
Post Malone『Hollywood's Bleeding』(2019)
RAYKI a.k.a. Daddy#18『Dienamite』(2019)
Ryo Kobayakawa & homare lanka『19X8 - EP』(2019)
Salami Rose Joe Louis『Zdenka 2080』(2019)
(Sandy) Alex G『DSU』(2014)
(Sandy) Alex G『House of Sugar』(2019)
South Penguin『Y』(2019)
Sturgill Simpson『Metamodern Sounds in Country Music』(2014)
Taylor Swift『Lover』(2019)
Toro Y Moi『Soul Trash』(2019)
Undergravity『Space Age Funk, Vol. 1: The Crash Landing』(2016)
Voyou『Les Bruits De La Ville』(2019)
Wilco『Ode to Joy』(2019)
Willie Colón『El Malo』(1967)
WILLOW『WILLOW』(2019)
餓鬼レンジャー『UPPER JAM』(2001)
サニーデイ・サービスサニーデイ・サービス』(1997)
星野源『Same Thing』(2019)
((( O )))『((( 1 )))』(2019)

<映画>

ANARCHY『WALKING MAN』(2019)

www.youtube.com

映画『ガリーボーイ』を見て、今や『8マイル』的な物語は全世界で通用する普遍的な価値を持ったのだと思い、本作にもだいぶ期待していたのだけれど、物語や扱っているテーマは類似しているとは言え、やはり作品の力には明確な差が生まれるのだなという当たり前すぎる事実を再確認させられた。去年の『パティ・ケイク$』も良かったし、ヒップホップものの映画は全部好きになってしまうかも、なんて思っていたけども、そんな酔いから完全に醒めてしまう作品だった。

「ヒップホップと出会い、人生が変わっていく」という物語を語るにあたって最も重要なのはもちろんその「出会い」である。それがこの映画では全然うまく描けていないと思った。ガツンとやられる瞬間がないまま、気づいたら主人公は当たり前のようにヒップホップを聴いたりクラブイベントに出かけるようになり、気づいたらラッパーを目指している。吃音症であることもあり口数が少ない主人公は終始無表情で、見ている側は感情移入が難しい。

どこまでもTVドラマみたいな画作りの映画を久々に見ると、やっぱりキツい。でもだからといってこれがテレビドラマだったら良かったのかというとそうでもない気がする。日本でヒップホップを題材にメジャー/地上波界隈がいい映画やいいドラマを作るのはもう諦めたほうがいいかもしれない。

実際のラッパーたちが登場するシーンで若手ばかり使ったのは唯一この映画で褒めたいところかも知れない。ANARCHY本人は出演せず、ライヴシーンはLeon a.k.a. Fanourakis、バトルシーンにはじょうやhMz、WILYWNKAが出演。ヤンキー役で出てたT-Pablowはちょい役もちょい役なんだけど、「本物」のオーラがあった。

あと、MCバトルのシーンの監修をWHITE JAMのGASHIMAがやってて、なんでだよ、と思った。

今週の事々(2019_10_21〜27)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

AAKASH『Over Seas』(2019)
Amamiaynu『Amamiaynu』(2019)
Arsenio Rodríguez『Quindembo - Afro Magic』(1963)
Bank.Somsaart『Who ride wit us』(2019)
Boogie Down Production『Criminal Minded』(1987)
Da Mafia 6ix『6ix Commandments』(2013)
Devin Morrison『Bussin'』(2019)
Diana Ross and The Supremes『Love Child』(1968)
Eddie Palmieri『The Sun of Latin Music』(1974)
Elle Varner『Ellevation』(2019)
Emerson, Lake & Palmer『Trilogy』(1972)
Esther Rose『We Made It This Far』(2019)
Gil Scott-Heron『I'm New Here』(2010)
Go-Go's『Beauty and the Beat』(1981)
Grupo Folklórico y Experimental Nuevayorquino『Concepts In Unity』(1975)
Guillermo Klein & Los Guachos『CaRREra』(2012)
Héctor Lavoe『Comedia』(1978)
Hurray for the Riff Raff『Small Town Heroes』(2014)
Icy Narco Winter『Can Be Murder』(2019)
In The Blue Shirt『Recollect the Feeling』(2019)
Jessie Ware『Devotion』(2012)
June『Stressin' for a Blessin'』(2018)
Kali『Racines』(1988)

Kanye West『Jesus Is King』(2019)

www.youtube.com

彼は“christian innovator”になりたいんだそうだ。Apple Musicの日本語版に書かれている、いかにも適当に書かれたような「カニエが創造した新しいゴスペル。」という説明文は以外と的を得ていて、彼は信仰やゴスペルを進化させていきたいのだろう。そしてそれは(彼がそうしたいかどうかは別として)ヒップホップの新展開になる。

にしても音が良かったり、音の選び方がすごかったり、Kanye節は随所に感じられるし、思ったよりヒップホップしてるから聴きやすい、というのが第一印象。あと、『Ye』の頃に比べると明らかに健全な精神状態にあるのがひとまず安心。

Lady Donli『Enjoy Your Life』(2019)
Louie G The Don『The Don』(2016)
Luiza Brina『Tenho Saudade Mas Já Passou』(2019)
Margo Price『All American Made』(2017)
MAVI『Let the Sun Talk』(2019)
The Mekanix『Restoration』(2018)
Minchanbaby, week dudus & vio moon『Threesome - EP』(2019)
NNC & sugarloaf『as it is』(2019)
Nocturnus AD『Paradox』(2019)
OGRE YOU ASSHOLE『新しい人』(2019)
Opeth『In Cauda Venenum』(2019)
Popcaan『Where We Come From』(2014)
RiRiLatina『sugar daddy - EP』(2019)
Savages『Silence Yourself』(2013)
Sharon Van Etten『Are We There』(2014)
Skee Mask『Compro』(2018)
Squadda B『Cloud Ether』(2019)
Starscream『SCAPEGOAT』(2019)
Stevie Wonder『Songs in the Key of Life』(1976)
The Supremes『Where Did Our Love Go』(1964)
Ultramagnetic MC's『Funk Your Head Up』(1992)
week dudus『huuu - EP』(2019)
WSTRN『WSTRN Season, Vol. 2』(2019)
YK Osiris『The Golden Child』(2019)
Yung Bleu『Investments 6』(2019)
YUNGBLUD『The Underrated Youth』(2019)
土岐麻子『PASSION BLUE』(2019)
1MILL『NGU』(2019)

<映画>

ダニー・ボイル『イエスタデイ』(2019)

www.youtube.com

前席に座っていた、ビートルズとか音楽とかあまり興味なさそうなカップルがこの映画をどこまで楽しめていたのか甚だ疑問ではある。

エド・シーランが「負け役」として結構ガッツリ出てくるんだけど、ビートルズを前にしたらああいう役でも全然やっちゃうよなぁと思った。ビートルズには誰も勝てない。

今週の事々(2019_10_15〜20)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

A$AP Ferg『Floor Seats』(2019)
Black Sabbath『Vol 4』(1972)
BROCKHAMPTON『SATURATION III』(2017)
Celia Cruz & Johnny Pacheco『Celia & Johnny』(1974)
CHVRCHES『The Bones of What You Believe』(2013)
Cuco『Para Mi』(2019)
Duke Ellington『Money Jungle』(1963)
Duke Ellington『The Popular Duke Ellington』(1966)
Elysia Crampton『American Drift』(2015)
Fania All Stars『Live at the Cheetah Vol. 1』(1972)
G.L.O.S.S.『Trans Day of Revenge』(2016)
Hailu Mergia『Lala Belu』(2018)
the HIATUS『Our Secret Spot』(2019)
Malavoi『Le Meilleur』(2004)
Mayra Andrade『Manga』(2019)
My Dying Bride『Turn Loose the Swans』(1993)
Roxy Music『For Your Pleasure』(1973)
Shabazz Palaces『Black Up』(2011)
Starlito『Cold Turkey』(2013)
Tahiti 80『Fear of an Acoustic Planet』(2019)
The Utopia Strong『The Utopia Strong』(2019)
Willie Colón & Rubén Blades『Siembra』(1978)
Ye Ali『Jodi』(2019)
Young M.A『Herstory in the Making』(2019)
ZOOBO『KEITORA THE - EP』(2019)
東北新幹線『Thru Traffic』(1982)
間宮貴子『Love Trip』(1982)
百足『ERROR』(2019)
『Mono No Aware』(2017)

<映画>

チャド・スタエルスキー『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)

今週の事々(2019_10_07〜14)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

A.G.『Everything's Berri』(2010)
AKLO『THE PACKAGE』(2012)
The Alchemist『Yacht Rock 2』(2019)
Alex Cameron『Miami Memory』(2019)
Black Rock & Ron『Stop the World』(1989)
Blueface『DIrt Bag』(2019)
DaBaby『KIRK』(2019)
Day Parkay『Achieving While Bleeding』(2019)
DJ RYOW『DREAMS AND NIGHTMARES』(2019)
Downtown Boys『Full Communism』(2015)
Dreamville『Revenge of the Dreamers III』(2019)
dubby bunny『Aetheticism &Violence』(2019)
Ephraim Lewis『Skin』(1992)
Fatima Al Qadiri『Genre-Specific Xperience』(2011)
Frankie Cosmos『Close It Quietly』(2019)
GASHI『GASHI』(2019)
GeG『Mellow Mellow ~GeG's Playlist~』(2019)
The Grateful Dead『Live/Dead』(1969)
Gus Dapperton『Where Polly People Go to Read』(2019)
Hard Knocks『School of Hard Knocks 』(1992)
Huerco S.『For Those of You Who Have Never (And Also Those Who Have)』(2016)
Ill Biskits『Chronicle of Two Losers: First Edition』(2007)
The Internet『Ego Death』(2015)
Jean Grae & Quelle Chris『Everything's Fine』(2018)
Joe『All That I Am』(1997)
Joe Armon-Jones『Turn to Clear View』(2019)
John Mayer『Room for Squares』(2001)
Kano『Hoodies All Summer』(2019)
Kate Bush『50 Words for Snow』(2011)
Lil Peep『Hellboy』(2016)
LLLPAMM『♡ - EP』(2019)
Melii『phAses』(2019)
Metronomy『Metronomy Forever』(2019)
Mike Bloomfield & Al Kooper『The Live Adventures of Mike Bloomfield and Al Kooper』(1969)
Missy Elliott『ICONOLOGY - EP』(2019)
MobSquad Nard『I'm Serious』(2019)
Park Jiha『Philos』(2018)
Portal『Vexovoid』(2013)
Prince『Musicology』(2004)
Quality Control『Quality Control: Control the Streets, Vol. 2』(2019)
Raphael Saadiq『Jimmy Lee』(2019)
RATKINGS『So It Goes』(2014)
Sandro Perri『Soft Landing』(2019)
Sauce Walka『New Sauce City』(2019)
Sheryl Crow『Threads』(2019)
Sleater-Kinney『The Center Won't Hold』(2019)
Sounds of Blackness『Africa To America: The Journey Of The Drum』(1994)
Stezo『Crazy Noise』(1989)
The Stooges『The Stooges』(1969)
Titus Andronicus『The Monitor』(2010)
TLC『CrazySexyCool』(1994)
Tone Spliff 『Ardore Melodico』(2019)
The Weeknd『House of Balloons』(2011)
WILYWNKA『PAUSE』(2019)
WU LYF Go『Tell Fire to the Mountain』(2011)
YNG JOE$『23』(2019)
オノ セイゲン『Seigén』(1984)
カネコアヤノ『燦々』(2019)
スピッツ『はちみつ』(1995)
蓮沼執太『Oa - EP』(2019)
88rising『Head in the Clouds II』(2019)

今週の事々(2019_10_01〜06)

↓今週触れた作品のリスト↓

<音楽>

Anthony Hamilton『Comin' From Where I'm From』(2003)
Atlantean Kodex『The Course of Empire』(2019)
AYLØ『dnt'dlt』(2019)
Base Ball Bear『Grape - EP』(2019)
The BeatlesAbbey Road』(1969)
Benny the Butcher『The Plugs I Met』(2019)
Boyz II Men『II』(1994)
BROCKHAMPTON『BROCKHAMTON II』(2017)
CRAM『Turned My Pain into Power』(2019)
Dezert Eez『Late Night Cognac Sessions』(2016)
Epic Beard Men『This Was Supposed to Be Fun』(2019)
GhostfaceGhostface Killahs』(2019)
Grant Green『Feelin' the Spirit』(1963)
Icerocks & Xp The Marxman『Nomads』(2019)
Jenny Hval『The Practice of Love』(2019)
Johnny Gill『Johnny Gill』(1990)
Joy Guerrilla『Skyline』(2018)
Juan Ingaramo『Best Seller』(2018)
Kenny Burrell『Midnight Blue』(1963)
KoЯn『The Nothing』(2019)
K$upreme & CHASETHEMONEY『Caught Fire』(2019)
Kvi Baba『KVI BABA』(2019)
Lil Dude『All Slime Go To Heaven - EP』(2019)
Marvin Gaye『That Stubborn Kinda' Fellow』(1963)
Marvin Gaye『Moods of Marvin Gaye』(1966)
Marvin Gaye & Tammi Terrell『United』(1967)
Marvin Gaye『In the Groove』(1968)
MaxwellMaxwell's Urban Hang Suite』(1996)
Molly Brazy『Built To Last』(2019)
Morbid Angel『Altars of Madness』(1989)
Nando Carneiro『Violão』(1983)
N.C.B.B『LIVING SIX - EP』(2019)
Nems『Gorilla 2: Any Given Sunday』(2019)
Sampa The Great『The Return』(2019)
Shurkn Pap『The ME』(2019)
Soulflex『Collected 1』(2019)
Stevie Wonder『Innervisions』(1973)
Synthezoey『A Black Mesma』(2019)
Tropical Fuck Storm『Braindrops』(2019)
TWICE『Feel Special』(2019)
Usher『Confessions』(2004)
Villain Park『The Recipe』(2019)
Wes MontgomeryFull House』(1962)
Wreck and Reference『Absolute Still Life』(2019)
葬式『Left Side Domination』(2019)

<映画>

マーティン・スコセッシ『キング・オブ・コメディ』(1982)

トッド・フィリップス『ジョーカー』(2019)

www.youtube.com

(ネタバレあり)

見た人ならば誰しも、この映画がここ最近の現実世界と怖いほどにリンクしていることに驚き、そして納得するだろう。警官に「マスクを取れ」と迫られる暴徒、そして警官の発砲、貧困層を切り捨てる政治、KILL THE RICH。

その中でも僕が一番ハッとさせられたのが、ロバート・デ・ニーロ演じるマーレイ・フランクリンがたどる末路。

 そう、この映画は「コメディ」についての映画でもあって、コメディアンが富裕層だったりマジョリティの方向しか向いていないこのゴッサム・シティのエンタメは、ここ日本を見ているかのようだった。

これだけ「社会的だ」と言われている映画だけど、ジョーカーが大勢の人の前で初めて殺すのは警官でも政治家でもなく、コメディアン。笑われた苦しみが彼をジョーカーにしたのだ。